【ペット薬の知識編】もし愛犬が病気なったら?

MENU

ペット薬で病気を治療する

人間が病気になるのと同じように、ペットも病気になることがあります。
病気になっても、きちんとペット薬などで治療すれば治るものもたくさんあります。

 

しかし、病気になっても早く気づいてあげることができなければ、治療が遅れてしまいかねません。

 

それで、ペットも病気になるんだということを知っておくだけではなく、ペットはきちんと意思表示することが難しいということも覚えておきましょう。

 

<症状が出ても言葉では伝えることができないため、大切なのは、飼い主さんの意識と知識です。
<ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

愛犬が病気にかかってしまたったら?ペット薬の知識は大切!

家族同然のペットだからこそ、いつまでも元気で長生きしてほしいものです。
そのためには、早く変化に気づき、病気などをできるだけ早く発見してあげることが大切です。

 

早期発見・早期治療により、ペットの負担が減るだけではなく、いつまでも元気で過ごすということができます。
早期発見のためには、定期的に検査などを受け、健康管理をすることがもちろん大切です。

 

それに加えて飼い主がきちんと、病気とペット薬の知識を入れておくことが必要です。
どんな病気がどんな症状を発症するのか?
ペットがなりやすい病気には、どんなものがあるのか?
もし病気になったらどうすれば良いのか?どんなペット薬を使うのか?などの知識です。

 

愛するペットがもしも病気になった時に備えて、何をどうすればいいのか知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィラリア治療に使われるペット薬は?

ペットの病気の中でも最もよく知られている、かつ予防ができる病気の一つはフィラリアです。
特に春の時期になると、動物病院などからフィラリア症を予防するための案内や、ワクチン接種の手続きなどの案内が届くため、よく知っているという楓さんが多いと思います。

 

蚊が媒介する病気の一つであるため、春からの予防がとても大切です。
フィラリア症は簡単に予防できる病気でもありますが、もしきちんと予防や治療をしなければ、死に至ることもある怖い寄生虫の病気の一つなんです。

フィラリアとは?

フィラリアは、糸状虫と呼ばれている寄生虫の総称のことです。
このフィラリアが寄生して起きる病気が、フィラリア症と言われています。

 

このフィラリアが、肺動脈や心臓などに寄生すると様々な臓器に深刻な障害を与え、死んでしまうこともあるという恐ろしい病気なんです。
寄生虫は、皮膚や筋肉・脂肪などで成長していくため、気づきにくいという特徴があります。

フィラリア予防は毎年必要

フィラリアを予防するためには、ペット薬が使えます。
外に出ることもあるため、媒介となる蚊そのものを排除する、また絶対に刺されないように予防するということは不可能です。
ですから、必ず毎年ペット薬を使って、フィラリアを予防することが必要です。

 

フィラリアを予防するペット薬には、注射薬や、体に直接つけるスポットタイプ、また内服薬の3種類が主に使用されています。
これらのペット薬は、体内への侵入を防ぐものではなく、フィラリアの幼虫を殺すという目的の薬なので、定期的に投与しなければ、一回投与しただけでは不十分です。
効果がどれくらい持続するのかといった点は、ペット薬によって異なります。
それぞれのペット薬の形状によって、メリットとデメリットが異なりますので、よく獣医師などと相談しながら、使用しましょう。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

フィラリア薬

フィラリア薬の徹底比較はこちら

外耳炎の治療に使われるペット薬は?

犬が最もかかりやすい病気の一つとも言われているのは、外耳炎という病気です。

症状・サインとは?

外耳炎の症状やサインとしては、「首を掻く」ということが挙げられます。
首を痒そうにしていると思い病院に連れて行くと、外耳炎だったというケースは少なくありません。
首のあたりを痒そうにしていたり、頭を振り乱しているようであれば、外耳炎を疑うことができます。

 

耳をかくことができないので、それを少しでも和らげるためにそのような動きをするんです。
耳が垂れている犬種や湿気に弱い犬種は、特に外耳炎を発症する危険性が高いので要注意です。

使えるペット薬

外耳炎に使われるペット薬は、主に内服薬の抗生剤やら耳に直接さすスポットタイプの薬です。

 

かゆみがひどいという場合には、ステロイド剤などを含むベッド薬を使用して、症状の悪化を防ぐ場合もあります。
また、外耳炎の原因が耳に入ってしまったダニが原因であれば、ダニを駆除するペット薬を使用すると、この病気は徐々に良くなります。

 

ダニが原因ではなく、細菌などに感染した場合にはダニと比べても時間がかかりますが、ペット薬を賢く使えば治らない病気ではありません。
かゆみや細菌の感染などが酷いという場合には、内服薬だけではなく、注射や耳の洗浄を行うこともあります。
軽症の場合には、ペット薬で治せるものですのでそれほど心配いりません。

アトピー性皮膚炎に使われるペット薬は?

実は、動物病院に受診するペットの中でも多い病気なひとつは、皮膚に関係したトラブルです。
その中でも特に多いのが、アレルギーやダニが原因で起こる皮膚のかゆみや炎症ですが、その中の一つにはアトピー性皮膚炎が含まれます。

症状は?

アトピー性皮膚炎の根本原因ははっきりしておらず、アレルギー物質に過敏な反応を起こしていると言われています。

 

遺伝的な要因が強く、人間のアトピー性皮膚炎と同じように、痒みの症状がひどいようです。
特に、寝ている夜の間に無意識に体をかいてしまい、傷などを作ってしまうことがあるので要注意です。

ペット薬は何をつかう?

犬が皮膚を痒がっているからといって、人間用の薬を使ってはいけません。
人間用の薬を使ってしまうと、成分が強すぎたりペットには良くない成分が含まれていて、余計に症状が悪化したり、ひどい時には初期症状などを引き起こしてしまうことがあります。

 

ペット薬には、かゆみを抑える軟膏や内服薬があります。
さらに、内側からかゆみをコントロールするステロイド剤などを使い、かゆみなどの病気の症状をコントロールしてあげることが必要です。
抗ヒスタミン剤や脂肪酸などを合わせて使うことで、ペット薬の効果はさらに高まります。

歯周病に使われるペット薬は?

人間と同じで、動物も元気に食べることが健康の秘密です。美味しくいつまでも食べるには、自分の歯を健康に保つことが必要ですが、それを邪魔するのが歯周病という病気です。

症状と原因

歯石がたまることなどが原因で、炎症が起きるのが、歯周病です。
口が臭ったり、歯が抜けてしまう、ぐらぐらする、食欲がない、また嘔吐といった症状も歯周病という病気の症状にあたります。
歯周ポケットに潜む細菌が原因となり、それが毒素を出すので炎症を広げ、組織を次々と破壊していってしまいます。

ペット薬

この病気になってしまった場合には、殺菌することを目的として、抗炎症成分や抗生物質を含むペット薬を使用することがあります。
ブラッシングなどで普段からメンテナンスすることに加え、炎症を起こしてしまった時には、ペット薬を使う病気の症状をできるだけ早くおさえることが必要なのです。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

フィラリア薬

フィラリア薬の徹底比較はこちら

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

【病気別】ペット薬の基礎知識の関連情報

フェラリア治療

春が近づき、フィラリアが気になる時期になると、ワクチン接種やペット薬の使用を検討する飼い主さんは多いのではないでしょうか?フィラリアという病気は、蚊が媒介する病気ですから、確実に予防することが大切です。蚊を確実に除去したり、絶対に刺されないようにするというのは不可能なので、ペット薬を使った適切な予防...

ノミ・ダニ

ノミやダニは、ひどいかゆみや病気の原因となり、人間にも移るようになります。散歩の途中でノミやダニをくっつけて帰宅するということもありますので、完全にシャットアウトすることはかなり難しいと言えるでしょう。では、ノミやダニが犬と人間に与える影響とはいったい何なのでしょうか?犬に与える影響ダニの中には、犬...

犬の内部寄生虫

愛犬の便の中に、白い虫のようなものを発見したことがありませんか?寄生虫には、犬の体の内部と外部に寄生するものがあります。特に内部に寄生する内部寄生虫は、心臓や消化管などに住み始めると様々な臓器の働きに影響を及ぼし、とても危険です。清潔なイメージも強くなり始めたペットですが、内部寄生虫には注意が必要で...

犬の皮膚炎

犬に関係した健康トラブルの中でも、皮膚炎は最近急増していると言われている症例のひとつです。最も多い皮膚の中にも、様々な症状や種類がありますが、特に多いと言われているのはダニとアレルギーが原因のものです。ペットを室内で飼育することが一般的になってきたり、ペットフードか様々な成分を含むようになってから、...

犬の慢性腎不全

人間の病気にもありますが、ペットにも慢性心不全という病気があります。心臓はとても大切な臓器なので、慢性心不全は命に関わる病気です。命に関わる病気なら、できるだけ予防してあげたいと思うものですが、残念ながら慢性心不全を確実に予防するという方法は今のところありません。万が一の場合に備えて、飼い主さんが病...

犬の慢性腎不全

犬や猫がかかる病気の中で、最も怖い病気とも言われているのは慢性腎不全です。ですから、飼い主さんが慢性腎不全に関係した知識を取り入れておくことで、予防やケアを効果的に行えます。では、慢性腎不全とはどのような病気なのでしょうか?そして、慢性腎不全に効果的なペット薬にはどのような種類があり、どのように与え...

アジソン病

犬を飼っている方は、犬のアジソン病という病気を聞きになったことがあるでしょうか?アジソン病とは、別名「副腎皮質機能低下症」と言われている病気です。副腎皮質ホルモンというホルモンの分泌量が低下することで起こると言われており、ストレスを受けた後に現れることが多い病気なんです。では、アジソン病とは、具体的...

クッシング症候群

クッシング症候群という病気について、お聞きになったことがあるでしょうか?人間にも同じ病気が存在しますが、ペットにも同じような病気が存在します。このクッシング症候群は、副腎皮質機能亢進症とも言われる病気で、命に関わることもあるため、よく知っておきたい病気の一つです。あまり聞きなれない病気ではありますが...