フィラリア治療|ペット薬を使用する前に知っておきべきこと

ペット薬,フィラリア

春が近づき、フィラリアが気になる時期になると、ワクチン接種やペット薬の使用を検討する飼い主さんは多いのではないでしょうか?
フィラリアという病気は、蚊が媒介する病気ですから、確実に予防することが大切です。

 

蚊を確実に除去したり、絶対に刺されないようにするというのは不可能なので、ペット薬を使った適切な予防が必要になります。
フィラリアは、簡単にペット薬で予防できる病気ですが、きちんと行わなければ命にも関わる恐ろしい病気と言われています。

 

では、具体的にフィラリアの予防薬には、どのような種類があるのでしょうか?
また、どのような時期に、どのように与えれば良いのでしょうか?メリット・デメリットについても、今回この記事ではご紹介しています。

 

フィラリア予防のためのペット薬を探しているという方、初めてペットを飼い始めたという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペットの薬に関してスグに確認したい方

▼フィラリア治療のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

フィラリアのお薬

フィラリア治療のお薬の詳細はこちら

フィラリア予防に使用されるペット薬の種類とは?

フィラリアを予防するペット薬と一口で言っても、実は様々な形状があり、それぞれが持っている特徴は異なります。

内服薬タイプのペット薬

フィラリアを予防できるペット薬の中でも、最も主流であり、人気も高まっているのが内服薬です。

チュアブルタイプ

フィラリアを予防するペット薬の中でも、このチュアブルタイプが最も人気だと言われています。
内服薬にもいくつかの種類がありますが、このチュアブルタイプは、ご飯やおやつと一緒に混ぜることで知らず知らずのうちにペットが摂取してくれるという特徴を持っています。

 

ですから、とても扱いやすく、飼い主さんにとってもペットにとっても負担が少ない、ストレスフリーな薬とも言われているんです。
食い付きが良いぶん、扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

錠剤タイプ

内服薬のもうひとつの種類は、錠剤タイプのペット薬です。
食事などに混ぜ込んでも、なかなか食べてもらえないというトラブルもありますが、直接喉に放り込むというスタイルを取れる方にとっては最もストレスが少ないとも言えます。

 

初心者の方には与えづらいこともありますが、錠剤タイプ愛用している方も少なくありません。

スポットオンタイプのペット薬

このタイプのペット薬は、首の辺りの皮膚に直接お薬を垂らすことで、効果を発揮できるタイプの薬です。内服薬を全く受け付けないという子には、このスポットのタイプがおすすめです

予防接種

年に一度注射を受けるだけで終わるという最も手軽な方法です。
通院したり、定期的に投薬するという手間をかけたくない人、また確実に忘れずに予防したいという方にオススメです。

 

予防時期を意識する必要もなく、病院が混雑している時期を避けることもできます。
しかし、小型の犬や体重の増減が激しいワンちゃんには使用できないということもあります。

フィラリアのペット薬の投与時期は?

ペット薬,フィラリア

フィラリアのペット薬を投与する期間は、毎年3月から12月の間に月1回程度です。

 

一般的によく言われるのは、蚊が飛び始める時期の一か月後に当たる5月あたりから12月あたりまで、蚊を見始めてから蚊を見かけなくなるまでの期間だけではなく、その後の一ヶ月間もきちんとフィラリアの薬を投与することが必要です。

 

特に、蚊が出始める時期というのは、土地の気候や年によって大きく異なるものです。
ですから、単純に何月から何月という考え方よりは、その年の気温や場所の気候などに合わせて投薬を行いましょう。

 

確実な予防を行うためには、蚊がいなくなっても、しばらく投薬を行うことが大切です。
最後まできちんと投薬することで、初めて長い間投薬している意味が生まれるのです。

 

▼フィラリア治療のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

フィラリアのお薬

フィラリア治療のお薬の詳細はこちら

フィラリアのペット薬の投薬方法

チュアブルタイプ

最も人気の高いチュアブルタイプの予防薬の投薬方法は、おやつに混ぜ込む、ご飯に混ぜ込むといった方法です。
特に抵抗もなく食べてくれるケースが多く、手こずらずに摂取させることができている方がほとんどのようです。

 

しかし、このチュアブルタイプのペット薬にはお肉などが含まれているので、成分によってはアレルギーを引き起こすことがあります。

 

口にするかどうかを確認しながらペット薬を選ぶことも必要ですが、アレルギーなどの細かい点にも注意しましょう。

スポットオンタイプ

スポットオンタイプのペット薬を使用する場合には、首の辺りの皮膚に直接垂らしていきます。
飲み薬を飲んでくれないというワンちゃんには効果的ですが、毛が短い子に使用すると、液だれしてしまうことがあると言われています。

 

液だれしてしまうと広い範囲に広がってしまい、皮膚が過剰に反応してしまうということも考えられます。
皮膚がデリケートなワンちゃんには、内服薬タイプの使用がおすすめです。注意するべきこととして、スポットオンタイプのペット薬は、投薬してから2時間ほどペットに触れられません。

 

また、投薬したペットをしばらくの間、子供に近づけることもできません。体に直接つけるタイプのペット薬である分、様々なルールがあるので注意しましょう。

ペット薬を使うメリット

ペット薬,フィラリア

飼い主が購入して、自宅でも使用できるペット薬を使ってフィラリアの予防ができます。
フィラリアの予防のために、ペット薬を使用するメリットとは一体何なのでしょうか?
特に、実際に使用している方が感じている大きなメリットをご紹介します。

節約になる

ペット薬を使うと、節約ができます。もちろんお金もそうですが、実は飼い主の時間も節約することができるんです。

 

フィラリアを予防したい時期は一年でどの犬も同じです。
ですから、その時期には動物病院も忙しくなり、予約がなかなか取れません。

 

そうなると、診察の待ち時間も非常に長く、1~2時間も待つということも少なくないようです。

 

待つだけならまだ良いのですが、混んでいていつまでも予防ができず、遅れてしまうということになりかねませんので、ペット薬をするメリットは大きいと言えるでしょう。

 

自宅にいて簡単に予防できるので、お金の節約はもちろんのこと、時間も節約でき予防が遅れてしまうという心配がありません。

不測の事態に備えられる

ペット薬を使って自宅でフィラリアを予防していると、いつでも手元に薬を置いておけることになります。
気候は年によって変わるものですから、蚊が飛んでいる時期も、常に変化しています。

 

いつもよりも長い期間、蚊がいる状態になるとフィラリアにかかる確率が上がるだけでなく、予防に必要な期間も長くなります。
ですから、不測の事態に備えて自宅にフィラリアのペット薬があるというのは安心です。

フィラリアにペット薬を使う注意点

ペット薬,フィラリア

事前に検査を受ける

フィラリア予防のためにペット薬を使う前には、必ず事前に動物病院などで検査を受けましょう。
ペットがフィラリアにすでに感染していないかどうか?を確かめるためです。フィラリア予防のためのペット薬は、感染していないペットを前提としています。

 

感染しているペットには効果がないだけではなく、アナフィラキシーショックなどを引き起こす可能性もあり、突然死を招くこともあるほど重要な問題です。

獣医師に相談

さらに、ペット薬を使用する際には、前もって獣医師に相談しましょう。持病がある場合や、すでに他の薬を使用している場合には体質に合わないこともあるからです。

 

▼フィラリア治療のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

フィラリアのお薬

フィラリア治療のお薬の詳細はこちら

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから