4 ペット薬で愛犬のノミ・ダニを駆除【メリットや注意点】

MENU

ペット薬でノミ・ダニの駆除が必要なワケ?

ペット薬,ノミ,ダニ

ノミやダニは、ひどいかゆみや病気の原因となり、人間にも移るようになります。
散歩の途中でノミやダニをくっつけて帰宅するということもありますので、完全にシャットアウトすることはかなり難しいと言えるでしょう。

 

では、ノミやダニが犬と人間に与える影響とはいったい何なのでしょうか?

犬に与える影響

ダニの中には、犬の血液をとても好むものがいます。なんと、皮膚の中にトンネルを作ってまで犬の体内に入り込むため、さらに繁殖し、症状は悪化の一途をたどります。

人間に与える影響

人間のアレルギーを引き起こす原因にもなりますので、特に小さなお子さんや年配の方がいる家庭では注意が必要です。
強烈なかゆみや咳・くしゃみがひどいときには、アレルギー症状を疑うことができます。

 

ノミ・ダニの駆除の薬に関してスグに確認したい方

▼ノミ・ダニ駆除のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

ノミ・マダニのお薬

ノミ・ダニ駆除のお薬の詳細はこちら

ノミ・ダニの予防・駆除にはペット薬が必要

ペット薬,ノミ,ダニ

ノミやダニなどは、散歩で外からもらってくることもあるので、薬によって予防駆除することが必ず必要です。
物理的に取り除くだけではなく、内側からノミやダニを予防することによって、人間の健康はもちろんのこと、ペットの健康を守ることができます。

 

そのためには、ノミやダニに効くペット薬を使うのがオススメです。
特に、病院で処方されるものももちろん効果がありますが、保険が効かないなど値段が高くなる傾向にあり、少し負担になってしまうという飼い主さんも少なくないでしょう。

 

それで、最近特に人気なのが海外のノミやダニに効くペット薬を、通販サイトから購入するという方法です。
それらの薬は、病院で処方されるものと比べるとかなり低価格で使え、成分や効果も同じものがあるで、非常に安心です。

 

薬を常備しておきたい人や、ペットが複数いて節約したいという方には、そのようなペット薬がおすすめです。

ノミ・ダニに効くペット薬の種類とは?

ペット薬,ノミ,ダニ

では、ノミやダニに効くペット薬には、どのような種類があるのでしょうか?
成分や使用方法などが異なるいくつかの種類がありますが、中でも特に評判の良いペット薬をご紹介します。

ネクスガード

ネクスガードは、ノミやダニの駆除予防に効果的なペット薬の中でも、特にポピュラーなもののひとつです。
薬のタイプはジャーキータイプなので、とても与えやすいのが特徴です。

 

ノミやダニはもちろんのこと、犬に多いトラブルの一つであるフィラリアの予防もできます。

 

ジャーキータイプなので、ペットに薬を与えることに慣れていないという方でも、比較的与えやすいのが特徴です。

 

また、ネクスガードは食べさせるタイプのペット薬ですが、効き目がとても早く、なんと与えてから30分ほどでノミが駆除され始めると言われています。
10時間もたたないうちに犬の体からノミが駆除されるほどのスピードです。

レボリューション

フィラリアとダニの駆除予防に効果的なレボリューションも、有名なペット薬のひとつです。
オールインワンタイプの薬なので、様々な薬を使う必要がなく、ずぼらな飼い主さんにもオススメです。

 

こちらは、食べさせるタイプのペット薬ではなく、スポットオンタイプの薬です。
薬を飲むことに抵抗があるワンちゃんや、薬を飲ませるのが苦手な飼い主さんにはこのレボリューションがおすすめです。

 

スポットタイプのペット薬は、一般的に使用してからしばらく触ることができなかったりするものですが、このレボリューションは、2時間後にシャンプーをしても問題ないほど、効果が早く、皮膚から吸収されるスピードが早いんです。

ペット薬の投薬時期はいつ頃がベスト?

ペット薬,ノミ,ダニ

では、確実にノミやダニ多く予防駆除し犬と人間の健康を守るためにはどのようなタイミングで薬を与えると良いのでしょうか?
気になる投薬時期について、調べてみましょう。

3月から12月が基本

基本的には、投薬時期は3月から12月の間と決まっているようです。
この3月から12月の時期にはノミやダニが発生しやすいので、毎月定期的にペット薬を使い、ノミやダニの予防駆除を行う必要があります。

 

1月から2月の寒い時期には、ノミやダニが発生しないと言われていますが、心配であればペット薬を一年中使うことができます。

室温が高い場合は要注意

外気温が低くなる冬の時期には、ノミやダニが発生しないので、ノミやダニに効くペット薬は使用しなくても良いと言われています。
しかし、地域や飼育環境によっては、室温や気温が13℃以上になってしまうこともあります。

 

この13℃というのが、ノミやダニが生存できるボーダーラインとなっています。
13℃以上になる可能性があるという場合には、一年中ノミやダニの予防薬を使うことも出来ますし、万が一の時のために手元に置いておくのが安心でしょう。

ペット薬の投薬方法は?

ペット薬,ノミ,ダニ

薬のタイプによって異なる

投薬方法は、薬のタイプによって様々です。
ジャーキータイプの薬であれば、おやつ感覚で与えることができます。
そして、錠剤タイプであれば、砕くなどして餌に混ぜたり、直接犬の口の中に放り込むという方法もあるでしょう。

 

錠剤タイプは、与えるのが苦手という飼い主さんは多いのですが、実はコツさえつかめばとても簡単で、犬の体にも負担が少ないので覚えておくと便利かもしれません。
また、内服タイプではなく、スポットオンタイプという体の外側から与えるタイプの薬であれば、直接肌につけるようなイメージになります。

ペット薬を使うメリットと注意点をご紹介

ペット薬,ノミ,ダニ

では、ペット薬を使うメリットは、一体どこにあるのでしょうか?

コストパフォーマンスが高い

ノミやダニの予防駆除のためにペット薬を使う一番のメリットは、やはりここにあります。
一年を通して、ほとんどの時期にノミやダニの予防・駆除のペット薬を使用する必要がありますが、毎回、動物病院で処方してもらうとなると、値段もばかにならないのが事実です。

 

特に、肌が弱い犬種を飼っている飼い主さんや、複数の犬を同時に飼っているという場合だと、値段がさらに高くなってしまうでしょう。

 

高いからといって、予防薬や駆除薬を使わなければ病気になり、健康を保てなくなります。
ですから、少しでも値段を抑えてペットのノミやダニを予防してあげたいという方には、ペット薬がぴったりです。

 

動物病院では高いのに、なぜ通販などで買うと安くできるのか不安に思われるかもしれません。
実は、これらはアメリカや欧米諸国などから輸入しているものです。

 

実は、ペット先進国であるアメリカや欧米諸国では、ドラッグストアなどでペット薬を購入できるほど身近なものなんです。
診察費用や交通費なども考えると、ノミ・ダニのペット薬を通販で購入すると、経済的な負担はかなり減るでしょう。

常備して安心

また、ペット薬を通販などで購入するメリットの一つは、いつでも手元に薬を置いておけるということです。

 

万が一、ノミやダニがついてしまった場合や、大丈夫だと思っていた季節にノミやダニが発生した場合でも、ペット薬を購入しておけば、いつでもペット薬を使用して駆除することができます。

ペット薬を服用する注意点

これは、ノミやダニのペット薬に限らず、ペット薬全般に言えることですが、薬には副作用があります。効果があれば副作用があるというのは、人間の薬も同じです。

 

ですから、犬の体質を知り、副作用の出にくい薬を探してあげることが必要でしょう。

 

含まれている成分によって、副作用が出るかどうか、どれほどの症状が出るかは異なります。
アレルギーなどの恐れもありますので、初めは一度動物病院などで、薬の種類について相談するのが良いでしょう。

▼ノミ・ダニ駆除のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

ノミ・マダニのお薬

ノミ・ダニ駆除のお薬の詳細はこちら

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

【病気別】ペット薬の基礎知識の関連情報

フェラリア治療

春が近づき、フィラリアが気になる時期になると、ワクチン接種やペット薬の使用を検討する飼い主さんは多いのではないでしょうか?フィラリアという病気は、蚊が媒介する病気ですから、確実に予防することが大切です。蚊を確実に除去したり、絶対に刺されないようにするというのは不可能なので、ペット薬を使った適切な予防...

ノミ・ダニ

ノミやダニは、ひどいかゆみや病気の原因となり、人間にも移るようになります。散歩の途中でノミやダニをくっつけて帰宅するということもありますので、完全にシャットアウトすることはかなり難しいと言えるでしょう。では、ノミやダニが犬と人間に与える影響とはいったい何なのでしょうか?犬に与える影響ダニの中には、犬...

犬の内部寄生虫

愛犬の便の中に、白い虫のようなものを発見したことがありませんか?寄生虫には、犬の体の内部と外部に寄生するものがあります。特に内部に寄生する内部寄生虫は、心臓や消化管などに住み始めると様々な臓器の働きに影響を及ぼし、とても危険です。清潔なイメージも強くなり始めたペットですが、内部寄生虫には注意が必要で...

犬の皮膚炎

犬に関係した健康トラブルの中でも、皮膚炎は最近急増していると言われている症例のひとつです。最も多い皮膚の中にも、様々な症状や種類がありますが、特に多いと言われているのはダニとアレルギーが原因のものです。ペットを室内で飼育することが一般的になってきたり、ペットフードか様々な成分を含むようになってから、...

犬の慢性腎不全

人間の病気にもありますが、ペットにも慢性心不全という病気があります。心臓はとても大切な臓器なので、慢性心不全は命に関わる病気です。命に関わる病気なら、できるだけ予防してあげたいと思うものですが、残念ながら慢性心不全を確実に予防するという方法は今のところありません。万が一の場合に備えて、飼い主さんが病...

犬の慢性腎不全

犬や猫がかかる病気の中で、最も怖い病気とも言われているのは慢性腎不全です。ですから、飼い主さんが慢性腎不全に関係した知識を取り入れておくことで、予防やケアを効果的に行えます。では、慢性腎不全とはどのような病気なのでしょうか?そして、慢性腎不全に効果的なペット薬にはどのような種類があり、どのように与え...

アジソン病

犬を飼っている方は、犬のアジソン病という病気を聞きになったことがあるでしょうか?アジソン病とは、別名「副腎皮質機能低下症」と言われている病気です。副腎皮質ホルモンというホルモンの分泌量が低下することで起こると言われており、ストレスを受けた後に現れることが多い病気なんです。では、アジソン病とは、具体的...

クッシング症候群

クッシング症候群という病気について、お聞きになったことがあるでしょうか?人間にも同じ病気が存在しますが、ペットにも同じような病気が存在します。このクッシング症候群は、副腎皮質機能亢進症とも言われる病気で、命に関わることもあるため、よく知っておきたい病気の一つです。あまり聞きなれない病気ではありますが...