ペット薬で愛犬の皮膚炎を治療【予防方法もご紹介】

MENU

ペット薬で皮膚炎を治療する前に

ペット薬,皮膚炎

犬に関係した健康トラブルの中でも、皮膚炎は最近急増していると言われている症例のひとつです。
最も多い皮膚の中にも、様々な症状や種類がありますが、特に多いと言われているのはダニとアレルギーが原因のものです。

 

ペットを室内で飼育することが一般的になってきたり、ペットフードか様々な成分を含むようになってから、アレルギー性のペットの皮膚炎も増加傾向にあるようです。

 

人間のアレルギーと同じで、動物のアレルギーもとても複雑で原因や症状が賢明されていないというパターンも多く、治療には様々な知識が必要になります。

 

ですから、飼い主さんが皮膚炎について、また病気についてよく知っておくことで、可愛い愛犬のかゆみやつらい症状を軽減してあげることができます。

ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ペットの皮膚炎の原因とは?

ペット薬,皮膚炎

ペットの皮膚炎を引き起こすアレルゲンとなっているものは、主に食物アレルギーや花粉症などですが、アトピー性皮膚炎などの病気の可能性もあります。
アレルギーが原因の皮膚炎は、ノミのアレルギー、食べ物アレルギー、アトピー性皮膚炎が一般的です。

 

どれもよく耳にするものですが、アレルゲンを知っておかないと、治療のアプローチを間違えることもあるため、原因が何なのかをしっかりと追及することが治療の第一歩です。

皮膚炎にもペット薬が効果的

最近では、動物病院に行く回数を減らし、ペット薬など自分で購入して、ペットの健康管理をしているという飼い主さんは少なくありません。
では、皮膚炎にも効く薬というのは存在するのでしょうか?皮膚炎を予防する薬には、どんな種類があるのでしょうか?

皮膚炎のペット薬の種類と投薬方法とは?

ペット薬,皮膚炎

軟膏タイプ

皮膚炎に効くペット薬には、軟膏タイプのものが多くあります。
軟膏タイプの薬には、抗生物質や抗炎症剤などが配合されていて、ペットの体にも塗りやすく、アレルギー性の皮膚炎や細菌性皮膚炎などに効果があります。

 

軟膏タイプのお薬であれば、垂れ落ちる心配もないので、ジュクジュクと炎症してしまっている部分や、かさぶたになっている部分もにも使うことができます。

ローションタイプ

ペット薬の中には、ローションタイプのものがあります。
ローションタイプであれば、さらっとしていてベタつきが少ないので、軟膏タイプを嫌うワンちゃんにも使えるでしょう。

 

殺菌剤や局所麻酔成分などが配合されているものもあり、強いかゆみや炎症を引き起こしている時にも効果があります。

内服薬

ペット薬には、塗り薬とは異なる内服薬タイプのものもあります。これには、抗生物質などが含まれていて、細菌の増殖を防ぎ、皮膚炎を素早く内側から治療するのに効果的です。

投薬時期

投薬時期は、もちろん症状が出ている場合です。
長期に使用すると、ステロイドなどが配合されている場合に、特に犬の体に負担をかけてしまうことがあります。

 

それで、できるだけ短い期間で治療して、薬を止めるのがおすすめです。
塗り薬であれば、1日に3回程度、飲み薬であれば1日1回数日続けて投薬するというタイプのものが多いようです。

ペット薬を使用するメリットと注意点

ペット薬,皮膚炎

コストを抑える

ペット薬を購入し、皮膚炎の治療を自宅で行うことのメリットは、やはり安いということです。
動物病院などで治療を続けることはもちろん効果がありますが、費用がかさみ、負担になってしまうと考える方は少なくありません。

 

治し方がわからない、原因が全くわからないという場合には、動物病院に行く方が良いのですが、原因が分かっているという場合や以前もらった薬の種類が分かると言った場合にはペット薬を個人購入し、皮膚炎の治療を行うことができるでしょう。

 

かゆみをコントロール

ペット薬を家に置いておき、皮膚炎の治療がいつでもできるようにしておくと、すぐに痒みをコントロールしてあげられるというのも大きなメリットです。

 

かゆみや皮膚の傷などは、ペットにとってもストレスがかかります。
動物病院に行こうと思うと時間がかかったり、予約がなかなか取れない、費用が負担という場合があります。

 

しかし、ペット薬があれば、痒みをいつでもコントロールしてあげることができます。
ペット薬を常備しておくことで、長い間、かゆみに苦しめられるということがないため家に一つ置いておくとよいでしょう。

 

ペットの皮膚炎を和らげるには?

ペット薬,皮膚炎

もちろん、ペットの皮膚炎が治療が必要な状態になってしまえば、ペット薬を使うことがもちろん必要になります。
では、ペットの皮膚炎を和らげるために大切なポイントとは一体何なのでしょうか?

痒みを抑える

人間もそうですが、特にワンちゃんの場合は、痒くなってしまうと我慢できずすぐにかいてしまいます。
かゆみを感じると、ひっかいたり物に擦り付けたりして、余計に痒みを悪化させる循環に入ってしまいます。

 

かゆみサイクルを悪化させないために、ペット薬などを使いかゆみをコントロールしていくことが大切です。

二次感染を防ぐ

ペットが皮膚炎にかかると、皮膚の状態が悪くなりバリア機能が低下します。
そうなると、ブドウ球菌やマラセチアといった感染源になる細菌などが増殖してしまい、痒みが悪化してしまう場合があります。

 

それで、抗生物質や殺菌成分の入った薬などを投与したり、皮膚のバリア機能を高めるためにスキンケアを行うということが必要です。

栄養の見直し

皮膚を清潔に保ち、健康な状態を保つには食事の管理が大切です。
食生活が乱れると肌荒れが起きるように、皮膚の健康を守るために栄養は大切です。

 

アレルギー性皮膚炎に効果があると言われている成分や、抗酸化作用のある成分などを積極的に摂取しましょう。

環境の見直し

意外に思われるかもしれませんが、ペットの皮膚炎の治療の上で大切なのは生活環境です。

 

ノミやダニ予防をするだけではなく、アレルゲンとなる成分が飛んでいる散歩コースを避ける必要があるかもしれません。
室内であれ、ば空気清浄機などを使用することで、ワンちゃんの健康と人間の健康を守ることができます。

予防シャンプーなどを取り入れよう

ペット薬,皮膚炎

このように、一度ペットの皮膚炎を発症してしまうと様々な方面からアプローチした治療が必要になります。
治し方を知ることももちろん大切ですが、ある程度知識を取り入れておくことで、ペットの皮膚炎を予防することができるんです。

 

それでおすすめなのは、ペットの肌の状態を健康に保ってくれるシャンプーなどの使用です。では、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

皮膚を清潔に保つ

犬はたくさんの毛で覆われているので、皮膚そのものが見えづらく丈夫そうに見えますよね。
しかし、肌という意味では、とても薄くデリケートだと言われています。

 

ですから、ほこりやアレルギーなどがついてしまうと、強い刺激になり皮膚炎の原因となります。
ペット薬などで、治療が必要になるまでに皮膚を清潔に保つことはおすすめです。ダニやノミの予防にもつながります。

 

毎日のブラッシングによりほこりや汚れなど皮膚の表面に長い間止めないようにしましょう。そして、シャンプーの種類にも注意が必要です。
皮膚が弱いというワンちゃんであれば、添加物の入っていないオーガニックの天然のシャンプーなどがおすすめです。

 

犬の肌専用のケアシャンプーなどが販売されていますので、洗いすぎに注意しつつ予防アイテムを取り入れるのがおすすめです。

皮膚のうるおいを保つ

皮膚炎を予防するシャンプーを使うことで、皮膚の潤いを守ってくれます。
シャンプーの中には皮膚の油分を落としすぎてしまうものがありますが、それにより肌のバリア機能が低下すると、皮膚炎の原因になってしまうからです。

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ペット薬で皮膚炎を治療!事前に知っておくべきこととは? <関連ページ>

フィラリア感染の治療
犬によく起こるトラブルのひとつは、フィラリアという病気です。適切なペット薬を使えば、きちんと予防できますが、正しく行わなければ、命も奪われかねない危険な病気なんです。では、ペット薬にはどんな種類があり、どのように与えれば良いのでしょうか?
ノミ・ダニを駆除
当然のことながら、ペットも人間と同じように病気を患ってしまうことがありますので、飼い主が主な病気の原因や症状、ペット薬に関する知識を取り入れておくことが必要です。では、代表的な病気にはどのようなものがあるでしょうか?
内部寄生虫を駆除
ペットが抱えるトラブルの中でも多いのが寄生虫に関係したもの。内部寄生虫に感染してしまうワンちゃんも少なくありません。しかし、ペット薬を使えば、簡単に駆除を行うことができます。では、薬にはどんな種類があり、どんな風に投薬すれば良いのでしょうか?
慢性心不全の治療
ペットに関係した健康のトラブルの中でも、特に命に関わるのは心臓に関係した病気です。中でも、慢性心不全を患うワンちゃんは少なくありませんが、命に関わる病気ですので、飼い主さんが正しい知識を取り入れておことはとても大切です。
慢性腎不全の治療
ペットに多い病気のひとつは、腎不全です。実は、腎臓は生命活動を維持するために必要不可欠な臓器なので、慢性腎不全というのはとても深刻な病です。ペット薬による治療は効果的なのでしょうか?種類や投薬方法についてご紹介します。
アジソン病を治療
アジソン病とは、副腎皮質機能が低下する病気のことで、食欲の低下や下痢嘔吐などの辛い症状をたくさん引き起こします。このアジソン病をペット薬で治療することは可能なのでしょうか?どんな種類があり、どのような効果があるのでしょうか?
クッシング症候群を改善
様々な合併症を引き起こし、命に関わることもあるペットのクッシング症候群。ホルモンバランスをコントロールするためには、ペット薬の使用が大切です。ではど、のように使用し、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか?