命にもかかわる慢性心不全【ペット薬で病気に対処】

MENU

ペット薬で慢性腎不全に対処する前に

ペット薬,慢性心不全

人間の病気にもありますが、ペットにも慢性心不全という病気があります。
心臓はとても大切な臓器なので、慢性心不全は命に関わる病気です。

 

命に関わる病気なら、できるだけ予防してあげたいと思うものですが、残念ながら慢性心不全を確実に予防するという方法は今のところありません。

 

万が一の場合に備えて、飼い主さんが病気についての正しい知識を取り入れておくことが、非常に重要になります。
普段の生活習慣からリスクを減らしたり、できるだけ症状に早く気づくことによって、慢性心不全という病気と付き合っていくことができるでしょう。

 

では、慢性腎不全とはそもそもどのような病気なのでしょうか?
また、慢性心不全を治療するためには、どのようなペット薬を使うと良いのでしょうか?

 

薬を使うメリットや注意点などについても、ご紹介しています。

 

慢性心不全を患っている愛犬を飼っている方、慢性心不全の予防について知りたいという方は、是非参考にしてみてください。

 

慢性心不全の薬に関してスグに確認したい方

▼慢性心不全のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

心不全のお薬

慢性心不全のお薬の詳細はこちら

まずは慢性心不全について知ろう

ペット薬,慢性心不全

犬の風邪がなかなか治らない、すぐに息が切れて歩くのをやめてしまう、最近なんだか元気がない。
そんな症状は、もしかすると慢性心不全のサインかもしれません。
ただの風邪との違いを見極め、できるだけ早く病気に気づいてあげることは大切です。

 

生き物にとって、心臓は最も大切な臓器と言っても過言ではありません。
酸素や栄養素を全身に運ぶためには、心臓の働きが必要です。

 

心臓はポンプの役割担っていますが、このポンプ機能が低下することが続く状態を慢性心不全と言います。
では、慢性腎不全にはどのような症状があるのでしょうか?

慢性心不全の症状とは?

慢性腎不全の症状は、運動量が減る、歩くのをやめてしまう、疲れやすくなり元気を失うなどが典型的です。
年齢を重ねるとこのような症状が出ることは少なくないため、ただの加齢と片付けられてしまうことがあります。

早期発見のためには?

ペットの慢性心不全を早期に発見してあげるためには、定期的な検診が必ず必要になります。
定期的な健康診断を心がけ、獣医師に聴診をしてもらっていると、心臓の雑音などを聞き取ることで早期発見が可能になります。

 

慢性心不全という病気は、4つのレベルに分けられるます。
レベル1が最も初期の段階、レベル4ともなると失神したりほとんど動かなくなるなど、かなり重い症状です。

 

レベル1の段階で発見することができれば、比較的治療もスムーズですが、遅くなってしまうとどんどん治療が難しくなります。
ですから、獣医師による定期的な検診を受けることが大切です。

慢性心不全の治療とは?

慢性心不全の治療は、どのように行うのでしょうか?
症状がひどくなっている場合には、手術を行い人工弁を取り付けるなど、外科的な治療を行う場合もあります。

 

しかし、最近では初期段階で発見し、治療を開始することで、内科で行うものがメインとなっています。
完全に治るわけではありませんが、病気と付き合い健康的に過ごすことができるので、内服薬の使用が一般的です。

ペット薬で治療できる?

内服薬を動物病院で処方されて使用するのが一般的ですから、ペット薬を個人でに注文し治療することもできます。
では、慢性心不全に効くペット薬には、どのような種類があり、どのような効果があるのでしょうか?

慢性心不全のペット薬の種類

慢性心不全の内服薬による治療にも様々な種類のものがあります。
効果や含まれている成分により働きも異なりますので、どんな種類があるのか知っておくことは大切です。

フォルテコール

フォルテコールというのは、血圧を下げることで慢性心不全になっている心臓への負担を減らすペット薬です。
フレーバー付きの錠剤飲んで飲ませるのも比較的簡単で、心臓へのダメージを減らしてくれるので、慢性心不全の治療に効果があります。

ベトメディン

慢性心不全の中でも、特に弁膜症と拡張型心筋症が原因のうっ血を改善してくれるペット薬です。
フレーバーのついたチュアブルタイプの錠剤で、投与も比較的簡単なのが人気の秘密です。

 

強心効果と血管を拡張させる効果が同時に期待できるため、心臓への負担を減らし、咳や呼吸困難を楽にしてくれます。

セーフハートチュアブル

このセーフハートチュアブルは、ベトメディンのジェネリック薬です。
ジェネリック薬なので、効果は同じでも価格は安く、大変取り入れやすいものとなっています。

ペット薬を使うメリットと注意点

ペット薬,慢性心不全

ペット薬を利用するメリット

コストを抑える

動物病院に毎回行くとなると、どうしても気になるのが価格です。
薬をもらうにはお金がかかりますし、診察費用や交通費なども馬鹿にならないと思っている方は多いでしょう。

 

一匹だけならともかく、複数ワンちゃんを飼っている場合には、病院に行くだけでも大きな負担になります。
通販で慢性心不全に効く薬を購入できれば、経済的な負担もかからず、ペットの症状を楽にしてあげることができます。

 

また、通販のペット薬には、ジェネリック医薬品なども多く取り揃えられています。
薬品は同じ成分と同じ効果で、値段だけが安くなっているとてもお得なものです。
仕様書などを確認しながら、成分もチェックてから試してみるのも良いかもしれません。

時間の節約にも

動物病院に行くとなると時間もかかります。
そして、混んでいる時期には他の感染症などを持っているワンちゃんが病院に来ていることがあるので、病気をもらわないかも心配のひとつでしょう。

 

時間の節約という意味でも、病気の予防という意味でも、自宅から注文できる通販でのペット薬購入は安全と言えそうです。

ペット薬を使用する際の注意点

用量は正しく守る

ペット薬を購入した場合には、慢性心不全の治療に使う前にきちんと添付文書を確認し、用量や用法を確認しましょう。
効果だけではなく、副作用もきちんと確認しておくことが大切です。
副作用が強く出てしまった場合には、直ちに使用を止めて、獣医師の診察を受けてください。

診察を定期的に受けよう

ペット薬を通販で購入できるからといって、診察を受けないとなると、病状の変化が気になります。
咳の症状や体重の変化により、薬の量や薬の種類を変えなければならない場合がありますので、定期的に獣医師の診察を受けましょう。

 

動物病院によっては、診察のみをお願いでき、薬の購入は自由にさせてくれるところもあります。
慢性心不全のお薬は、一生毎日飲ませなくてはならないため、どうしても経済的に負担になってしまいます。

慢性心不全はペット薬と生活習慣の見直しが大事

ペット薬,慢性心不全

慢性心不全は命にも関わる病気ですが、きちんと治療しながら付き合えば、元気に過ごすこともできる病気と言われています。
慢性心不全を悪化させないためには、飼い主さんが症状をできるだけ詳しく知っておき、早期発見してあげること、それにより内服薬による治療を行うことは大切です。

ジェネリック薬品を活用する

ペット薬を通販で購入するだけでも、かなり費用を抑えることができますが、ジェネリック医薬品はさらに安く使用することができます。
特別なこだわりがなければ、成分も効果も同じで値段が安いジェネリックを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ペット薬と生活習慣の見直しを

ペット薬による治療で、慢性心不全の症状はある程度抑えることができます。
しかし、ペット薬を使うだけではなく、心臓に負担をかけないよう過度の運動は控え、体重の維持などを心がけましょう。

 

そして、犬の状態を定期的に獣医師に相談しながらペット薬を使うことで、ペットにとって、より過ごしやすい環境づくりができます。

 

▼慢性心不全のお薬は専門店で!安心お得のペットくすり▼

心不全のお薬

慢性心不全のお薬の詳細はこちら

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから