ペット薬と病気の予備知識!慢性腎不全の治療について

MENU

愛犬・愛猫|慢性腎不全のペット薬の知識を知ろう!

ペット薬,慢性腎不全

犬や猫がかかる病気の中で、最も怖い病気とも言われているのは慢性腎不全です。
ですから、飼い主さんが慢性腎不全に関係した知識を取り入れておくことで、予防やケアを効果的に行えます。

 

では、慢性腎不全とはどのような病気なのでしょうか?
そして、慢性腎不全に効果的なペット薬にはどのような種類があり、どのように与えれば良いのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、調べてまとめてみました。
慢性腎不全を患っている、もしくは慢性腎不全予防のためにペット薬やサプリを探しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

慢性腎不全ってどんな病気?ペット薬で治る?

ペット薬,慢性腎不全

三大死因のひとつ

皆さんはペットの慢性腎不全と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
あまりよく知らないという方も意外と多いのですが、実は腎臓病は犬の三大死因の一つとも言われています。

 

がんと心臓病とも並ぶ三大死因のひとつですから、その病気について知っておくことは、大切なパートナーと元気に長くできるだけ長く過ごすために、大切な知識です。

 

実は、猫にも慢性腎不全は多く、犬と比べても3倍近く多く発症しているとも言われています。
猫の死因のトップ、犬の三大死因の一つである慢性腎不全は、ペットの命を脅かす危険な病気です。

一度かかると回復が難しい

命を脅かす危険な病気であるだけでなく、慢性腎不全は一度かかってしまうと回復が難しいと言われています。
腎臓自体が年齢とともに機能を失っていく病気だと言われていますので、年齢を重ねることに慢性腎不全のリスクが高まります。

 

しかし、臓器の中でも再生することができないものなので、一度機能が失われてしまうと、元通りに戻すということはできません。

腎臓の役割とは?

慢性腎不全と言うと、腎臓の機能が低下してしまう状態が長引くことですが、そもそも腎臓の役割とは何なのでしょうか?

尿を作る/老廃物を取り除く

尿を作り、それによって老廃物を体外に排出するということが、腎臓の持つ最も重要な働きです。
血液の中から、体に必要なものとそうでないものを見極め分別してくれるという役割を腎臓が担っています。

水分量の調整

腎臓は体内の水分量、またイオンのバランスを調整し、体に欠かせないミネラルを吸収するという役割も担っています。
これは、健康を保つという以前に、生命そのものを維持するために必要不可欠な機能です。

ホルモンの分泌

腎臓は、ホルモンを分泌する役割も担っています。
また、赤血球を増やすために必要なホルモンなどもこの腎臓から作られるため、貧血の原因も腎臓だったという場合があります。

慢性腎不全の治療はどうやって行う?

ペットが健康や生命を維持するために欠かせない役割をたくさん担っている腎臓の機能が低下してしまうと、命の危険もあり、様々な辛い症状に悩まされます。

 

元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢、また痙攣昏睡といった重度の症状も発症してしまいます。

 

最悪の場合、死に至る場合もありますので、できるだけ早く治療始めることは大切です。
慢性腎不全は、時間をかけて腎臓の働きが少しずつ低下してしまう病気のことです。

 

進行性の病気で、完全に元に戻るということはありませんが、早期に発見し治療を始めることで、生存期間を延ばして元気に過ごすことができる生活の質も改善できるようです。
では、もし慢性腎不全にかかった場合、どのような治療を行うのでしょうか?

食事療法

慢性腎不全の治療では、食事療法が最も重要です。初期段階から推奨されることが多く、タンパク質やナトリウムなどを制限する必要があります。

ペット薬による治療

ペット薬による治療は、慢性腎不全の治療の中でも長期にわたってまた体内の老廃物を体外に排出しづらくなるための、尿毒症という体の中に毒素が溜まってしまう症状を引き起こすこともあります。
それを緩和してくれる経口吸着剤といった薬も有効です。

 

慢性腎不全のペット薬にはどんな種類がある?

それでは、慢性腎不全の治療の方法として最も一般的なペット薬を使った治療には、どんな種類のものがあるのでしょうか?

ACE阻害薬

ACE阻害薬というペット薬は、高血圧や慢性腎不全の治療に効果的な薬です。
血管を収縮させる原因物質を減らすことで、血管を広げて血圧を下げてくれる効果があるので、腎臓への負担を軽減することができます。

ラプロス

最近、特に慢性腎不全のペットに効果が期待されているのがラプロスという種類のペット薬です。
このラプラスは、今まで使われていたACE阻害剤や血圧を下げる薬と同じような使い方ができますが、高血圧を改善してくれるだけではありません。
消炎作用や抗線維化作用など、腎臓そのものの形が変わってしまわないように、腎臓を守ってくれるという効果も期待できるんです。

 

慢性腎不全のペット薬の投薬時期・方法

では、慢性腎不全の薬をどのような時期にどのような方法で、投与すれば良いのでしょうか?

基本的には薬による

ペット薬を使うとなると、悩むのが薬の飲ませ方ですが、基本的には薬によって異なるため、一概には言えません。
体重1kgに対し、何mgの成分が必要なのかという基準で、量や投与の回数も変化するからです。

 

また、症状に合わせて薬の量を増やしたり減らしたりする必要が生じるため、獣医師とよく相談しながら、投与することが必要です。

 

ペット薬の表示にきちんと従って薬を飲ませるのが最も大切です。タイミングも、食後・食中・食前など、それぞれ異なるからです。
表示されている注意事項や、用量・用法などを守り、獣医師と相談しながら投薬しましょう。

ペット薬のメリットと注意点

ペット薬,慢性腎不全

実は、慢性腎不全に効果のあるペット薬は、インターネット通販などでも購入できます。
動物病院などで処方される薬と同じものも、ペット薬の通販サイトなどで購入でき、価格も少し安くなっているので便利です。

 

また、ペット薬をインターネット通販などで購入すると、同じ効果で価格が安いジェネリック医薬品なども選ぶことができます。
では、ペット薬を通販で購入し、慢性腎不全を治療するメリットと注意点とは一体何でしょうか?

ペット薬のメリット

ペット薬を通販で購入し、自宅で処方する自宅で投薬する慢性腎不全の治療のメリットは、やはり経済的な負担が少ないということです。
慢性腎不全は、高齢になると発症することが多く、ずっと付き合い続ける必要があります。

 

完全に治るということは期待できないため、ペット薬もずっと使い続けなければならないんです。
ですから、経済的に負担になってしまうという飼い主さんは少なくありません。

 

そんな時、ペット薬を通販で安く購入できれば、時間の節約にもなり、経済的な負担も軽減されるでしょう。

ペット薬を投薬する際の注意点

ペット薬,慢性腎不全

ペット薬を購入して使用する場合に注意したい点は、定期的な医師の診察です。
動物病院を受診する目的は、ただ薬をもらうだけではなく、ペットの体の状態を確認してもらうためでもあります。

 

もちろん薬だけをもらいに通いつめるのは負担ですが、定期的に体の状態をチェックしてもらい、薬の量を調整するべきか治療の方法を調整するべきかなどを相談することが大切です。

 

初期段階では、症状が出ることが少なく、健康に見えても状態が悪化している場合もありますので、定期的な医師の診察により、薬による負担も軽減させる必要があります。
動物病院によっては、診察のみを受け入れてくれて、ペット薬の購入は任せてくれます。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ペット薬と病気の予備知識!慢性腎不全の治療について <関連ページ>

フィラリア感染の治療
犬によく起こるトラブルのひとつは、フィラリアという病気です。適切なペット薬を使えば、きちんと予防できますが、正しく行わなければ、命も奪われかねない危険な病気なんです。では、ペット薬にはどんな種類があり、どのように与えれば良いのでしょうか?
ノミ・ダニを駆除
当然のことながら、ペットも人間と同じように病気を患ってしまうことがありますので、飼い主が主な病気の原因や症状、ペット薬に関する知識を取り入れておくことが必要です。では、代表的な病気にはどのようなものがあるでしょうか?
内部寄生虫を駆除
ペットが抱えるトラブルの中でも多いのが寄生虫に関係したもの。内部寄生虫に感染してしまうワンちゃんも少なくありません。しかし、ペット薬を使えば、簡単に駆除を行うことができます。では、薬にはどんな種類があり、どんな風に投薬すれば良いのでしょうか?
皮膚炎を治療
動物病院の来院理由で、意外と多いのが皮膚に関係したトラブルです。愛犬の皮膚の健康を保つためには、予防や治療のためにペット薬を使う機会もあることでしょう。では、どんな種類があり、どんなメリットがあるのでしょうか?
慢性心不全の治療
ペットに関係した健康のトラブルの中でも、特に命に関わるのは心臓に関係した病気です。中でも、慢性心不全を患うワンちゃんは少なくありませんが、命に関わる病気ですので、飼い主さんが正しい知識を取り入れておことはとても大切です。
アジソン病を治療
アジソン病とは、副腎皮質機能が低下する病気のことで、食欲の低下や下痢嘔吐などの辛い症状をたくさん引き起こします。このアジソン病をペット薬で治療することは可能なのでしょうか?どんな種類があり、どのような効果があるのでしょうか?
クッシング症候群を改善
様々な合併症を引き起こし、命に関わることもあるペットのクッシング症候群。ホルモンバランスをコントロールするためには、ペット薬の使用が大切です。ではど、のように使用し、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか?