ペット薬で愛犬のアジソン病を治療【メリットや注意点】

MENU

犬猫のアジソン病とは?|ペット薬の基礎知識

ペット薬,アジソン病

犬を飼っている方は、犬のアジソン病という病気を聞きになったことがあるでしょうか?
アジソン病とは、別名「副腎皮質機能低下症」と言われている病気です。

 

副腎皮質ホルモンというホルモンの分泌量が低下することで起こると言われており、ストレスを受けた後に現れることが多い病気なんです。
では、アジソン病とは、具体的にどのような病気で、どのような症状が起きるのでしょうか?どのような原因があり、どのように治療するのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について調べてまとめてみました。
アジソン病に効くペット薬を探しているという方は、是非参考にしてみてください。

ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

アジソン病ってどんな病気?

ペット薬,アジソン病

犬のアジソン病という病気は、副腎という臓器から分泌される副腎皮質ホルモンが不足することが原因で起こる病気です。
副腎とは、腎臓の上にある臓器で、副腎皮質機能低下症とも言われています。副腎皮質ホルモンは、一体どんな役割を担っているのでしょうか?

 

それは、炎症を抑える働き、またタンパク質や炭水化物を代謝させたり、異化させる、また免疫反応を引き起こすなど生命の維持に欠かせない働きです。
副腎皮質ホルモンには、コルチゾールやアルドステロンなど、いくつかの種類があります。

アジソン病の症状とは?

アジソン病になると元気がなくなり、水をたくさん飲む運動嫌がるなど、身体全体のエネルギーがかなり低下すると言われています。
食欲不振になり、体重も減少することが少なくありません。

アジソン病の原因は?

原因は大きく分けて、二つあると言われています、手術などで刺激され、副腎から分泌されるホルモンの量が減ることが外的な要因です。
また、ステロイドなど、副腎皮質ホルモンと似た働きをする薬の使用によって副作用が起き、それがアジソン病として発症することがあります。

アジソン病の治療方法とは?ペット薬は有効?

早期発見がポイント

アジソン病を具体的に予防する方法は、今のところないと言われています。
ですから、できるだけ早く症状を発見し、治療を始めることが大切です。

 

水をよく飲んだり尿の量が増えている場合には、アジソン病を疑うことができますので、動物病院に連れて行き、診察を受けましょう。

治療の選択肢

入院

症状によっては入院治療により、輸液とデキサメタゾンという成分を、静脈内に投与する治療が必要です。
命に関わる危険もあるので、できるだけ早い治療がポイントとなります。

ペット薬の使用

緩やかにアジソン病が発症している場合には、不足している副腎皮質ホルモンを補うペット薬を使用することにより、症状が改善されます。
アルドステロンとコルチゾールの2種類、もしくはそのうちのひとつだけが不足しますが、その不足しているホルモンによって、使用するペット薬の種類は異なります。

アジソン病に効くペット薬の種類

では、アジソン病に効果があると言われているペット薬には、どれくらいの種類があるのでしょうか?

コートリル

このコートリルという薬は、アルドステロンとコルチゾールの二つの作用が、どちらも同じくらいあります。
ですから、どちらも不足しているという場合に使われるペット薬です。

DOCP

このペット薬にはらアルドステロンの作用が強いため、コルチゾールが不足している場合にはほとんど効果がありません。
アルドステロンが不足している場合に使われ、大型犬に主に処方される種類のペット薬です。

フロリネフ

フロリネフは、アルドステロンという方の作用が強く、コルチゾールの作用は比較的弱いのが特徴です。
アルドステロンが不足している場合に主に使用され、ミネラルが不足しているペットに使用することで、症状の緩和が期待できます。

ペット薬の投薬方法と投薬時期

ペット薬,アジソン病

アジソン病の治療に主に使われているのは、フロリネフという種類のペット薬です。
塩類の代謝作用が強く、血圧を上げるという特徴を持っています。

 

失われたホルモンを補充するためにも、このフロリネフを定期的に投与することが必要です。
1日に使用する用量は、体重2.5から5kgあたり1錠程度です。
体重や症状に合わせて、使用する量を変化させる必要があります。

 

基本的には、毎日投薬しなければならない種類の薬です。
決められた用量・用法をよく守り、医師と相談しながら使用することが大切です。

 

最低6時間の間隔をあけることが必要ですが、投薬を忘れていたという場合には、すぐに与えなければ命に関わる可能性もあります。

ペット薬を使うメリットと注意点

アジソン病に効くペット薬は個人輸入代行で購入できる

アジソン病の治療に主に使われているフロリネフを含むアジソン病に効くペット薬は、オンラインで個人輸入代行サービスから購入することができます。

 

個人輸入代行サービスとは、海外では一般的になっているペット薬を個人輸入して使用するという方法です。

 

海外から個人で輸入するのはハードルが高いので、個人輸入代行サービスを利用することで普通の国内でのショッピングと同じようなイメージで使用することができます。

 

実は、アメリカや欧米諸国など、ペット先進国と言われている国ではペット薬も人間の薬と同じように、ドラッグストアなどで簡単に購入し、使用することができます。

 

同じ成分で同じ効果であれば、できるだけ安く購入したいという方も、オンラインでの個人輸入代行サービスを使用すると価格を抑えることができるでしょう。

ペット薬購入のメリット

時間の節約にも

オンラインの個人輸入代行サービスでは、価格を抑えることができるということをご紹介しましたが、お金の節約だけではなく、時間の節約にもなります。

 

アジソン病に一度かかってしまうと、薬を投薬し続けなければならないので、定期的に動物病院に行き、薬をもらうことになります。

 

もちろん、動物病院で診察をしてもらい、経過を観察することは大切です。
しかし、薬がなくなったというだけの理由で毎回動物病院に行くのは、負担がかかるものです。

 

時間もかかりますし、交通費もかかります、そして、時期によっては病気を持った他のワンちゃんが動物病院に来ていて、病気をうつされてしまうという心配もあるでしょう。
時間とお金を節約して、ペットの健康を守るという意味でも、オンラインでペット薬を購入するのはおすすめなんです。

 

ペット薬を使用するデメリット

副作用が心配

アジソン病に使われるペット薬に限らず、どんなペット薬にもあることですが、やはり心配なのは副作用です。
特に、アジソン病の薬で使われている成分から起きる可能性のある副作用は、高血圧や高ナトリウム血症、浮腫や嘔吐、脱力感や抑うつ症などです。

 

このような症状があらわれた場合には、一度使用を中止し、医師に相談することもできます。
どんな成分に副作用が起きているのか?
ということを見極める必要があるため、使用を即座に止めることができない場合もありますが、副作用が起きていないかを、投薬後は注意深く観察することが必要です。

ペット薬でアジソン病を改善しよう!

ペット薬,アジソン病

ペットに起きるトラブルの一つでも、アジソン病はそれほど珍しいものではありません。
ストレスなどにより、アジソン病を発症してしまった場合には、症状をできるだけ早く発見してあげることが、まず大切です。

 

症状を発見すれば、後は病気と付き合うことを考えなくてはなりません。
ペット薬を使ってホルモンを補いながら体調をコントロールすれば、たとえ病気になったとしても、ある程度生活のクオリティを保つことができます。

 

ペット薬の投与については、獣医師と相談しながら行いましょう。

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ペット薬を使用してアジソン病を治療する <関連ページ>

フィラリア感染の治療
犬によく起こるトラブルのひとつは、フィラリアという病気です。適切なペット薬を使えば、きちんと予防できますが、正しく行わなければ、命も奪われかねない危険な病気なんです。では、ペット薬にはどんな種類があり、どのように与えれば良いのでしょうか?
ノミ・ダニを駆除
当然のことながら、ペットも人間と同じように病気を患ってしまうことがありますので、飼い主が主な病気の原因や症状、ペット薬に関する知識を取り入れておくことが必要です。では、代表的な病気にはどのようなものがあるでしょうか?
内部寄生虫を駆除
ペットが抱えるトラブルの中でも多いのが寄生虫に関係したもの。内部寄生虫に感染してしまうワンちゃんも少なくありません。しかし、ペット薬を使えば、簡単に駆除を行うことができます。では、薬にはどんな種類があり、どんな風に投薬すれば良いのでしょうか?
皮膚炎を治療
動物病院の来院理由で、意外と多いのが皮膚に関係したトラブルです。愛犬の皮膚の健康を保つためには、予防や治療のためにペット薬を使う機会もあることでしょう。では、どんな種類があり、どんなメリットがあるのでしょうか?
慢性心不全の治療
ペットに関係した健康のトラブルの中でも、特に命に関わるのは心臓に関係した病気です。中でも、慢性心不全を患うワンちゃんは少なくありませんが、命に関わる病気ですので、飼い主さんが正しい知識を取り入れておことはとても大切です。
慢性腎不全の治療
ペットに多い病気のひとつは、腎不全です。実は、腎臓は生命活動を維持するために必要不可欠な臓器なので、慢性腎不全というのはとても深刻な病です。ペット薬による治療は効果的なのでしょうか?種類や投薬方法についてご紹介します。
クッシング症候群を改善
様々な合併症を引き起こし、命に関わることもあるペットのクッシング症候群。ホルモンバランスをコントロールするためには、ペット薬の使用が大切です。ではど、のように使用し、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか?