クッシング症候群を治療|ペット薬の知識を深めよう!

ペット薬,クッシング症候群

クッシング症候群という病気について、お聞きになったことがあるでしょうか?
人間にも同じ病気が存在しますが、ペットにも同じような病気が存在します。

 

このクッシング症候群は、副腎皮質機能亢進症とも言われる病気で、命に関わることもあるため、よく知っておきたい病気の一つです。
あまり聞きなれない病気ではありますが、しっかりと知識を入れておくと、万が一病気になった時にも素早く対処できるかもしれません。

 

では、具体的にクッシング症候群とは、どのような病気なのでしょうか?
どのような症状が出る可能性があり、どのように治療を進めていくのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、調べてまとめてみました。

 

ペットのクッシング症候群に効く薬を探しているという方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペットの薬に関してスグに確認したい方

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

クッシング症候群ってどんな病気?

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることによって、引き起こされる病気です。
別名「副腎皮質機能亢進症」とも言われていて、生命維持のために大切な役割を担っている副腎という臓器に、異常が起きる病気です。

 

1度症状が起きてしまうと、体調が少しずつ悪化していき、様々なことに興味を示さなくなり、寝てばかりいるという症状が起きることも少なくありません。

クッシング症候群は命にかかわる?

ペット薬,クッシング症候群

インターネットなどで、クッシング症候群と検索すると、末期余命といったワードが出てくる場合があります。

 

それで、命に関わる重大な病気だとか何をされている方も少なくありません。
実際には、完治させるのは難しい病気だと言われていますが、ホルモンの分泌バランスを見ながら、ペット薬でコントロールしていけば治療できる病気です。

 

コントロールできる病気なので、クッシング症候群そのものか直接の死因になるというわけではありません。
問題になるのは、ホルモンの過剰分泌のせいで様々な合併症が起きる心配があるということです。

 

糖尿病や血栓など、クッシング病が原因で起こる合併症を避けるためにも、ホルモンのコントロールを行うペット薬の使用が大切になります。

クッシング症候群の原因とは?

ペット薬,クッシング症候群

ではペットに起きるクッシング症候群の種類や原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

年齢

年齢を重ねることで、クッシング症候群を発症するリスクは高まります。
8歳を過ぎた頃のシニア犬には、特に発症しやすいと言われています。

薬によるもの

副腎皮質ホルモン剤を含むステロイドなどを長期に渡って投与し続けていると、体の中の副腎質ホルモンの量が、異常に多くなってしまうことがあります。

 

それが原因で、クッシング症候群を発症してしまう場合があります。
アレルギー疾患などで、ステロイド薬などを使用しているワンちゃんは要注意です。

自然発生

副腎そのものや、脳下垂体というホルモンを司る部分に腫瘍ができるなどすると、副腎機能がうまく働かなくなってしまいます。
それが原因で、副腎皮質ホルモンコルチゾールというホルモンが増えるんです。

クッシング症候群はどうやって治療する?

ペット薬,クッシング症候群

残念ながらクッシング症候群は、確実に予防することができるという病気ではありません。
ですから、万が一クッシング症候群になってしまってしまった場合に、どのような治療を行うのかを知っておくことは大切です。

ペット薬

基本的に用いられるのは、ペット薬を使った薬物療法です。
薬がどれほど効くかどうかは、個体や症状によって変化することがあります。

 

万が一、このペット薬が効きすぎると、ホルモンの分泌量が低下しすぎ、低下症を引き起こしてしまう場合があります。
ですから、バランスを見ながら薬の量を調整するなど、慎重なのコントロールが必要になる治療です。

食事

クッシング症候群になってしまった場合には、毎日の食事のコントロールも大切です。
筋肉の収縮を防ぎ免疫力などアップさせるために、タンパク質を積極的に摂取しましょう。
カルシウムなどを与えすぎるのが心配だという方は、サプリメントなどを使って栄養素を補うことも必要です。

クッシング症候群に効くペット薬

クッシング症候群の治療に主に使われるペット薬には、どのような種類があるのでしょうか?

トリロスタン

トリロスタンは、副腎ホルモンの合成を押さえてくる過剰に分泌されているホルモンを安定させる働きがあります。
少ない用量からまずは始め、1~2週間同じ用量を続けることで、少しずつ体を慣らしていきます。
もし初めの慣らし期間のうちに、副作用などが発生しましてしまった場合には、薬を中止して、点滴などの別の治療を検討する場合もあります。
重大な副作用の一つは、アジソン病です。
このアジソン病は、副腎皮質機能低下症と言われています。

 

機能が低下しすぎる、つまり過剰に分泌されているホルモンの合成を抑える薬を使った結果、低くなりすぎるという副作用です。
副作用が出ないように、用量を調整しながら増やしていきます。

ミトタン

ミトタン油に溶けるという特徴を持っている薬で、粉末状の薬をオイル系のものに混ぜて与えると、吸収率が高まるため、症状が改善しやすいと言われています。

 

症状が改善すれば、ミトタンは止めることができる薬です。
再発する場合には、用量を維持しながら続けていきます。
ミトタンも、同じくアジソン病といった副作用はもちろんのこと、神経障害消化器障害などの副作用が起きる可能性があります。

ペット薬を使うメリットと注意点

ペット薬を使うメリット

ペット薬を使って、クッシング症候群を治療するとなると、どうしても気になり始めるのが費用のことです。
治療費がかさんでしまうと、経済的に負担となるため、できるだけ費用を抑えたいと考えている飼い主さんも少なくありません。

 

そういった場合には、同じ薬を個人輸入代行サービスなどを利用して購入すれば、少し安く購入できるかもしれません。
個人輸入代行サービスとは、海外では一般的に使われているドラッグストアなどで購入できる薬を個人輸入し、使用するという方法です。

 

インターネットサイトなどでは、日本国内でのショッピングと同じ感覚で使用できるので、使っている飼い主さんは増加傾向にあります。

ペット薬を使う注意点

クッシング症候群は、症状のコントロールが難しく、薬の量や種類などを定期的に調整し直す必要がある種類の病気です。
一度処方された薬を個人で購入し、ずっと使い続けていればそれで問題ないという種類の病気ではありません。

 

症状が悪化していないかどうか、他の合併症などが起きていないかどうかなど、定期的な検診によりチェックしていく必要があります。
きちんと症状をコントロールするためにも、自己判断で薬を与えたり、薬をやめるということは避けたいものです。

 

個人輸入代行サービスなどでペット薬を購入する際にも、獣医師によく相談してから行いましょう。

ペット薬を正しく服用してクッシング症候群を改善しよう!

ペット薬,クッシング症候群

に関わる重大な病気として恐れられているクッシング症候群ですが、正しくペット薬を服用すれば、症状をある程度コントロールすることができます。
大切なのは、飼い主さんが病気に関する知識をきちんと入れておき、症状にできるだけ早く気づくこと、治療をできるだけ早く始めることなんです。

 

食事療法なども大切になりますが、ペット薬を調整しながら使うことで症状を軽減することができます。
万が一、クッシング症候群になった時には、慌てずに対処し、ペット薬を使用するのがおすすめです。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから