ペット薬を飲ませるのに苦労していませんか?

ペット薬

ペット薬を飲ませるのに苦労しているという飼い主さんは少なくないんです。
人間であれば、いくら嫌でも、必要なものだと分かるので飲むのですが、ペットにとっては薬は未知のものなので不信感があり、飲むのを嫌がるということが多いようです。

 

ペットに薬をうまく飲ませたと思っても、知らないうちにまた口から出していたり、ごまかせたと思ったら薬だけ残していたり…。
でも、薬はかわいいペットの健康を守るために本当に飲ませないといけないもの。
ストレスなく飲ませるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるんです。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ペット薬の種類別の特徴

ペット薬

では、まずペット薬にはどんな種類があり、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか?ペット薬は、大きく分けて3種類あります。

注射

インスリンなどを注射する際には、基本的に動物病院などが行ってくれます。

外用薬

塗り薬、貼り薬、スプレー、点眼薬などがあります。

経口薬

一番与える時に、厄介なのが、この経口薬です。
口から飲ませるタイプの経口薬の中にも、錠剤、シロップ、粉、カプセルなど、様々な種類があります。
しかし、経口薬は注射などと比べてペットの体に負担の少ないことや、飲んだ分量がはっきりわかるといった大きなメリットです。

経口薬の基本的な飲ませ方

ペット薬

まず、ペット薬を何かに混ぜたりするのではなく、飼い主の手で、直接飲ませる基本的な飲ませ方をマスターしましょう。
これさえマスターしておけば、どんな種類の薬にも対応でき、いざ飲ませなければいけないという時も慌てなくて済むんです。
まず、利き手と反対の手を使って上顎をつかみ、上を向けます。上顎の犬歯を唇で包むようにすると、自然と口を開けてくれるようです。

  1. 反対の手で薬を掴んでから下顎を開き、なるべく早くの中心、そして奥の方に置きます。
  2. 顎の向きは変えずに口を閉じ、喉の周りを優しく撫でて、リラックスさせましょう。
  3. 喉がごくんと動いたら口元を確認し、薬が残っていなければ成功です。

これらの動きをできるだけ短時間で素早く行ってあげることが、愛犬の負担を減らすコツです。

どうしても飲まないときは

ペット薬

食事に混ぜる

ペット薬

ペットの種類によっては、普段のドライフードに薬を混ぜるだけで、それとは分からずきちんと食べてくれる場合があります。
ペット薬が残っていたり、吐き出してしまうようなら、ドライフードではなく缶詰など湿気のあるフードでペット薬を包んでしまうと、丸呑みするので気づかず飲ませることができます。

おやつに包む

ペット薬

錠剤やカプセルなら、チーズやバナナなど、普段からペットが大好きな好物で、ペット薬を包んで与えてみましょう。

 

一口サイズにして、最初は薬を入れていない本物のおやつを与え、催促されたタイミングでペット薬入りのものを食べさせます。
ペットの体に対してペット薬が大きいという場合には、サイズを小さくし、数回に分けてから与えると、気づかれる確率が下がります。

粉末にする

錠剤やカプセルをどうしても飲まないという時には、カプセルを開けて粉を取り出したり、錠剤を砕くなどして粉末にしましょう。
そしてはちみつやヨーグルト、ペースト状のフードなど柔らかい食べ物に混ぜてから、上顎に塗りつけます。

 

少量ずつ塗ると、反射的に飲み込むため、難なく飲んでくれる確率がアップします。
この方法は、粉末の状態で処方された時にも、もちろん使えます。

オブラートやゼリー

市販されている犬用のおやつゼリーやオブラートという方法も使えます。

ペット薬を飲ませるときの注意点

ペット薬

回数と分量を守ろう

愛犬にゼリーを飲ませると、どうしても一回で全部済ませてあげようと考えてしまいがちかもしれません。
しかし、そうすると一回の分量が多すぎたり、効果が十分に持続しないなど薬の効果を発揮できなくなります。

 

ペット薬の注意書きや獣医師に言われたことをきちんと守るため、飼い主の判断では分量や回数を変えないようにしましょう。

飲ませ方にも注意

薬の飲ませ方

飲ませやすくするために、他の食べ物などに混ぜるというテクニックをお伝えしましよう。
しかし薬の種類によっては他の食べ物と混ぜることで成分が変わるものもあります。

 

さらに、錠剤やカプセルといった薬の種類には意味があり、効果が出るまでの時間や飲みやすさなどが考慮された上で処方されています。
基本的な飲ませ方で不安があるなら、薬を処方された時に「粉末状にしても問題ないか?」「どんな食べ物になら混ぜても良いか?」をきちんと尋ねておくようにしましょう。

普段からのかかわりが大切

ペット薬

薬を飲むのを嫌がっているの見ると、どうしても可哀想と思ってしまいがちです。健康を守り、病気を治すためには、薬を飲ませることが必ず必要です。
飲ませやすくするテクニックはいくつかあるので、それぞれのペットにあった薬の飲ませ方を見つけ、スムーズに与えましょう。
普段から、口周りを触るといったことも効果的です。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

【ペット薬基礎知識】の関連画像

ペットを飼っていると、どうしても起きてしまうトラブルで多いのは寄生虫の問題です。ノミは痒みの原因となりまし、ダニはアレルギーの原因となり、人間の健康にも影響を与えてしまうので、厄介なものとされています。ペットにダニやノミがついたまま置いておくとペットの健康にはもちろん、人間の健康も害してしまうので、予防駆除は必須と言えるでしょう。ノミダニ予防をする上で物理的に完全に取り除くのは難しいため、ノミダニ...

病気になってから食事に注意することもできますが、予防にも効果的な食事レシピがたくさんあります。大切なペットに辛い思いをさせないためにも、日頃からペットの体質や体調に合わせた食事をするのがおすすめです。ペット薬も、最近は種類が増えていますが、ペット薬だけに頼らず健康管理をするには、症状や病気に合わせた食事レシピを取り入れると良いでしょう。では、具体的に症状別、また病気別ではどのような食事レシピが効果...

犬は年齢を重ね老犬になると、体のあちこちが痛む関節炎に悩まされることがあります。ペット薬などで痛みを抑えることもできます。しかしペット薬に頼り切るのではなく、少しでも関節の痛みを和らげてあげたいと思っている方は、マッサージ方法を知っておくことがおすすめです。特に、6歳以降からシニア期を迎えると筋肉の疲労が溜まりやすくなったり、関節が痛みやすくなるため、マッサージをしてあげると少し楽になります。ポイ...

人間の薬にも効果があれば、副作用もあるもの、ペット薬も同じです。副作用があまりに重いと、どんなに良い薬でも使えなくなることがあります。主作用と副作用について知っておくことが必要です。ペット薬の主作用と副作用ペット薬に限らず、薬の主作用とは目的とした効果のことです。薬を服用したことによって、願っている効果が得られれば、その作用が主作用となります。その目的とした作用以外に体に症状が現れる場合には、それ...