【ペット薬】ノミダニ薬は安全製&投与する際の注意点

MENU

ノミ・ダニ予防は必須?

ペット薬

ペットを飼っていると、どうしても起きてしまうトラブルで多いのは寄生虫の問題です。
ノミは痒みの原因となりまし、ダニはアレルギーの原因となり、人間の健康にも影響を与えてしまうので、厄介なものとされています。

 

ペットにダニやノミがついたまま置いておくとペットの健康にはもちろん、人間の健康も害してしまうので、予防駆除は必須と言えるでしょう。
ノミダニ予防をする上で物理的に完全に取り除くのは難しいため、ノミダニ薬を使用して、内側から対策を!と思っている方は多いようです。

 

ノミダニ薬は、動物病院を受診すれば処方してもらえる他、インターネット通販などで個人輸入代行サービスを使用して手に入れることもできます。

ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

ノミダニ薬は安全?副作用は?

ペット薬

薬を使うとなると、やはり心配なのがその安全性や副作用についてです。
ネットでノミダニ薬について調べてみると、重篤な副作用が出てしまった、安全ではないので使わない方が良いなどの様々な情報が出ているため、どうしても不安になるかもしれません。
実際のところ、ノミダニ薬は安全なのでしょうか?副作用はあるのでしょうか?

副作用のないペット薬はない

ペット薬

そもそも、副作用が全くないペット薬はありません。
副作用が全くない薬は、作用が弱いためサプリメント程度と考えてよいでしょう。
薬としての作用を期待するなら、副作用もある程度は受け入れる覚悟が必要です。

 

ノミダニ薬の成分の一つが、ゴキブリを殺虫剤などの成分と同じだとして、安全性や副作用が問題視されたことがありました。

 

また、一部の農薬にも使われている成分がノミダニ薬に使われているのは不安だとの意見もありました。
しかし、結論としてそれらの成分は寄生虫や昆虫などに対する働きが大きく、
犬や猫などペットとして飼われている動物に対しては、ほとんど作用しないという特徴を持っています。

 

ですから、ゴキブリやノミダニなどに働きかける成分が、犬や猫などペットの健康を害してしまうこと心配はほとんどありません。
もちろん、体に全く影響がないものとは言い切れませんが、ノミダニ薬を使わずに規制されてしまう方が、危険性が高いと考える飼い主さんも増えています。

 

そもそも、基本的に動物用の医薬品は農林水産省など、公的な機関が審査を行っており承認が得られたものですから、安全性は高いと考えてよいでしょう。
しかし、体質やペットの大きさ、その時の体調や飲み合わせなどによっては、副作用が起きる場合もあります。
重篤なものが全くないとは言い切れませんので、どちらのメリットデメリットを取るかは、飼い主さんそれぞれの判断となります。

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

マダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬はこちらから

ノミダニ薬投与の際に注意したいこと

ペット薬

飼い主さんの判断で、ノミダニ薬を大切なペットに投与する際には、いくつか注意したいポイントがあります。
基本的には安全な薬とはいえ、注意を怠ってしまうと副作用を起こしたり、その他人間の健康にも影響を与えかねないことがあるので、慎重に使いたいものです。

事前に感染症のチェックを

ノミダニ薬には、フィラリアという感染症の予防薬としての効果も持っているものがあります。
ノミダニの予防効果を目的に使用したとしても、フィラリア予防としても使える効果もあれば、フィラリア予防薬の副作用が起こる場合もあります。
特に注意したいのは、事前にフィラリア症に感染していないかどうかのチェックです。

 

すでに、フィラリア症に感染しているにもかかわらず、フィラリア予防の効果があるペット薬を服用させてしまうとショック症状の原因となりかねません。
使う予定のノミダニ薬がフィラリア症に予防にも効くものであれば、事前に感染症のチェックを欠かさず行いましょう。

ノミダニ薬の選び方のポイント

ペット薬

では、どんな種類のノミダニ薬がそれぞれのペットに合うのかを、どのように判断すれば良いのでしょうか?
効果的で安全なノミダニ薬の選び方のポイントをご紹介します。

それぞれに合うものを

ペット薬

ノミダニ薬の中にも、スポットオンタイプやスプレータイプ、経口薬など様々な種類のものがあります。
皮膚が敏感であればスプレータイプなどは使えないことがありますし、経口薬では飲ませるのが大変というワンちゃんもいます。

 

それで、ノミダニ薬を選ぶときの基本的な注意事項として、継続的に使えるその子に合った方法のノミダニ薬を選ぶことが挙げられます。
ノミダニの予防薬は継続的に使う必要がある場合も多いため、使う度にストレスとなってしまう種類の薬だと、飼い主にもペットにも負担となりかねないためです。

 

また、ノミダニ薬と一言で言っても、様々な種類のものがあるため、正確や健康状態、普段の環境など判断しながら使い分けるというのが最も安全で効果的です。

見た目だけでは健康状態なども確実に判断できない場合も少なくないため、動物病院などで医師と相談しながら、ノミダニ薬を選ぶのがやはり安心でしょう。

 

また、治療の時にはノミダニ薬を使うことにし、普段の予防はナチュラルな天然成分を使いたいという場合にも、獣医師に相談できます。
積極的に気になることは、相談してみることをおすすめします。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

マダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬はこちらから

ノミ・ダニ予防

ペットを飼っていると、どうしても起きてしまうトラブルで多いのは寄生虫の問題です。ノミは痒みの原因となりまし、ダニはアレルギーの原因となり、人間の健康にも影響を与えてしまうので、厄介なものとされています。ペットにダニやノミがついたまま置いておくとペットの健康にはもちろん、人間の健康も害してしまうので、...

病気別,食事レシピ

病気になってから食事に注意することもできますが、予防にも効果的な食事レシピがたくさんあります。大切なペットに辛い思いをさせないためにも、日頃からペットの体質や体調に合わせた食事をするのがおすすめです。ペット薬も、最近は種類が増えていますが、ペット薬だけに頼らず健康管理をするには、症状や病気に合わせた...

関節痛

犬は年齢を重ね老犬になると、体のあちこちが痛む関節炎に悩まされることがあります。ペット薬などで痛みを抑えることもできます。しかしペット薬に頼り切るのではなく、少しでも関節の痛みを和らげてあげたいと思っている方は、マッサージ方法を知っておくことがおすすめです。特に、6歳以降からシニア期を迎えると筋肉の...

ペット薬の副作用

人間の薬にも効果があれば、副作用もあるもの、ペット薬も同じです。副作用があまりに重いと、どんなに良い薬でも使えなくなることがあります。主作用と副作用について知っておくことが必要です。主作用と副作用ペット薬に限らず、薬の主作用とは目的とした効果のことです。薬を服用したことによって、願っている効果が得ら...