症状・病気予防によい食事レシピ

MENU

健康な毎日は食事から

ペット薬

病気になってから食事に注意することもできますが、予防にも効果的な食事レシピがたくさんあります。

 

大切なペットに辛い思いをさせないためにも、日頃からペットの体質や体調に合わせた食事をするのがおすすめです。

 

ペット薬も、最近は種類が増えていますが、ペット薬だけに頼らず健康管理をするには、症状や病気に合わせた食事レシピを取り入れると良いでしょう。

 

では、具体的に症状別、また病気別ではどのような食事レシピが効果的なのでしょうか?

肥満・糖尿病におすすめの食事レシピ

ペット薬

人間も、メタボリックシンドロームなどになると様々な病気のリスクが高まります。

 

同じように、ペットも太りすぎてしまうと、それが万病の元となってしまうんです。

 

それで、普段からペットの脂肪のつき方、体型などを定期的にチェックし、肥満の症状が確認できたなら食事レシピで少しずつ健康的に減量するのがおすすめです。

 

ペットが太りすぎているかどうかは、手で触った時に肋骨が触れない状態が目安です。
栄養過多や高カロリーの食事などが原因で肥満になると、糖尿病などの生活習慣病の引き金になりかねません。

 

では、肥満気味のペットにおすすめの食事レシピには、一体どんなポイントがあるのでしょうか?

食物繊維を多めに

ペット薬

食物繊維をたくさんとることで、腸の状態が整うだけではなく、血液中の脂肪部分なども体外に排出しやすくなるのでおすすめです。

 

白米を雑穀米に変えるだけでも、多くの食物繊維を摂取できます。

低脂肪高タンパク

ペット薬

肥満ぎみであれば、低脂肪の食事がおすすめです。

 

しかし極端に脂肪を減らし、同時にタンパク質まで取れなくなると筋肉量の低下に繋がるので、低脂肪高タンパクな食事がポイントとなります。

 

低脂肪高タンパクでおすすめなのは、大豆や鶏肉のささみなどの食材です。

 

心臓病に良い食事レシピ

ペット薬

ペットも年齢を重ねると心臓に負担がかかり、心臓病になってしまうことがあります。

 

心臓への負担を減らすことが、心臓病に良い食事レシピのポイントです。

ビタミンBを積極的に

心臓病の治療が始まると、降圧利尿剤を使うことがあります。

 

降圧剤を使用していると、体内のミネラルのバランスが崩れてしまうことがあるので、ビタミンB群がたくさん含まれる食材を、食事レシピに取り入れてあげると良いでしょう。

 

ビタミンB群は、牛乳やバナナ、ナッツ類などのほか、豚肉に特に多く含まれています。

DHAやEPA

人間が食べても、血液サラサラ効果が期待できるDHAやEPAを含む食材を、食事レシピに取り入れると良いでしょう。

 

血液の流れを良くし、コレステロールを下げる効果が期待できるので、心臓病予防にはもってこいです。

 

DHAやEPAが多く含まれていて、ペットにも食べやすい食材は、です。

 

骨ごとしっかりと火を通し、ミンチにする食べやすく健康状態がアップします。

がん予防に良い食事レシピ

ペット薬

ペットが病気で死亡してしまう場合、その割合で非常に高いのが、がんです。

 

がん予防をしておくだけで、健康的に長生きできる確率が格段にアップします。

 

ペット薬に頼らず、病気の症状が現れる前からがん予防に効く食事レシピを取り入れるのがおすすめです。

 

がん予防に効果的な食事レシピは、免疫力をアップさせてくれる食材を使ったものと言えます。

 

免疫力を普段から高めておけば、がん予防にはもってこいなんです。

デトックス食材を使おう

がん予防に効果的な食材は、デトックス効果があるものです。

 

体の中に入ってしまった毒素を体外に排出してくれるのを助ける食材を、積極的に取り入れましょう。

 

がんは、健康的な細胞の中の遺伝子を傷つけてしまい、増殖していきます。

 

ですから、できるだけ早い段階で体外に毒素を排出することが、がん予防には大切なポイントとなるんです。

 

具体的には、キャベツやブロッコリーなどの食物繊維、またキノコキトサンを含むきのこ類などが効果的です。

 

きのこ類は、免疫を強化してくれるだけではなく、コレステロールや中性脂肪を減らす効果、血管を強化する効果などもあります。

 

さらに、もしがんになってしまったという場合でも、がんの出血を抑える効果が期待できるのでおすすめです。

ターメリックがおすすめ

ペット薬

カレーに含まれているスパイスとしてよく知られているターメリックは、がんが原因でできる腫瘍を抑える効果があると分かっています。

 

免疫力を上げて、新しいがんができるのを予防してくれるだけではなく、傷ついてしまった遺伝子を修復してくれるので、がんの進行を遅らせることもできるんです。

 

油と一緒に摂取するような食事レシピにすることで、より効率よく有効成分が体内に吸収されます。

食事レシピはペットに合うものを

ペット薬

人間と同じように、ペットの体質にも個体差があります。

 

出始めている症状や、遺伝的になりやすい病気を予防してくれる食事レシピを、積極的に取り入れましょう。

 

そうすることで、病気の症状が出てからではなく、またペット薬に頼り切りではなく、安全に積極的な健康管理が可能です。