病気予防にペット薬とサプリを上手く活用!

薬局やドラッグストアに行くと、様々な種類のサプリメントが販売されています。
サプリメントというのは、健康の維持や病気の予防に効果的でら普段なかなか摂取できない栄養素などを摂取することのできるものです。

 

人間にも病気を予防する薬や健康を増進してくれるサプリメントなどがあるように、実はペットにも、そんなようなサプリやペット薬があるということをご存知でしたか?

 

大切なペットだからこそ、いつまでも元気で健康でいてほしいものですよね。
実は、ペット薬やサプリメントを上手に取り入れることで、ペットの健康をできるだけ長く維持してあげることができるんです。

ペット薬やサプリの種類や効果は?

ペット先進国とも言われているアメリカやオーストラリアなどでは、病気の予防や健康維持のためにペット薬やサプリを使うのが一般的とも言われているほどです。
そんな人気のペット薬やサプリですが、具体的にどんな種類のものがあり、どんな効果があるのでしょうか?

 

ペットのサプリに関してスグに確認したい方

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

骨や関節に効くペット薬やサプリ

なぜ大切?

人間も年齢を重ねると、節々が痛くなるものです。
同じように、ペットも年齢を重ねるにつれて関節が痛んだり、骨がもろくなったりします。

 

さらに、病気が原因となって、関節にトラブルが起きてしまったり、怪我が引き金となって骨や関節が傷んでしまうという症状も少なくありません。
そのような骨や関節に関するトラブルは、一度引き起こしてしまうと、すっきり治るということが少ないとも言われています。

 

ですから、一度トラブルを発症してしまうまでに、サプリメントやペット薬などで予防してあげるのが効果的です。
そして、特にペットは痛いということをアピールできなかったり、隠したりしてしまうことがあるので、予防がなおさら大切なのです。

 

含まれる成分

関節痛や骨の痛みを和らげてくれるサプリメントやペット薬の主な成分は、グルコサミンコンドロイチンなどです。
人間のサプリにも同じような成分が使われていますが、動物の骨の間にある軟骨も、そのような成分で補ってあげる必要があります。

 

軟骨成分であるコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸の原料になってくれるそれらの成分を、サプリメントやペット薬から摂取するのがおすすめです。
特に、老化によって関節が痛みやすいため、年齢を重ねてきたペット、また関節が弱いと言われている犬種などは、早いうちから飲ませる飼い主さんが多いようです。

ガン予防のペット薬・サプリメント

人間のガンがあるように、ペットにもガンがあります。特に、犬の代表的なガンと言われているのは、骨肉腫や前立腺がん、悪性リンパ腫や肝がんなどです。

 

ガンは致死率も高く、辛い症状を伴うので普段から食生活などに注意して、予防しておられるという方が多いでしょう。

 

がんの予防や症状の改善に効くベッド薬やサプリメントには、プロポリスやアガリクスといった免疫力そのものを高める働きのある成分が配合されています。
体そのものの免疫力を高めることで、ガンを発症しづらくなり、病気になりにくい体作りを助けてくれます。

目の健康を保つペット薬・サプリメント

そもそも犬という動物は、人間と比べてもピントを合わせる能力が低いと言われています。
ですから、動いていないものが見づらいという特徴を持っており、目のケアは非常に大切です。

 

緑内障や白内障など、年齢を重ねるにつれて目に関する病気にかかりやすくなったり、視力が低下してしまいます。
目の周辺が清潔に保たれること、そして視力を正常に保つことが、目の健康を保つための鍵となっています。

 

特に、年齢を重ねるにつれてシーズーなど犬種によっては、目の病気になりやすいものもあります。
そのような目の健康を保つために役立つペット薬やサプリメントには、アントシアニンやアスタキサンチンなどの目に良い成分が含まれています。

ダイエットサポートのペット薬・サプリ

なぜ大切?

人間と同じで、ペットにとっても肥満は病気の元となります。
血液がドロドロになり、病気の原因になるため、適正な体重を維持することが必要です。

 

しかし、犬種によっては太りやすかったり、飼っている環境によっては、運動不足になりやすいなどダイエットが難しい場合もあります。
そんな時に、ダイエットをサポートしてくれるペット薬やサプリメント使用すると、健康を維持しやすくなるでしょう。

含まれる成分

主に含まれている成分は、脂肪を燃焼しやすくするために必要なカルニチンなどです。

 

摂取したものをエネルギーに変え、代謝をアップさせてくれる働きのあるアルギニンやラクトフェリンなども配合されているものが多いようです。
運動と合わせてこのようなペット薬やサプリメント併用することで、ダイエット効果が期待できます。

ペット薬だけでなくサプリで病気を予防

あくまで、サプリはペット薬のような医薬品ではありませんから、どのペットにも効く、確実に効くということは言えません。

 

ある程度多くの方がサプリメントによって、ペットの健康を維持していることは違いありません。
しかし、毎日使うものとなれば、飼い主に責任が生じるため知っておきたいのは、ペット薬やサプリのメリットとデメリットです。

 

メリットとデメリットを知った上で、サプリの使用を検討するのが良いでしょう。

メリット

ペット薬やサプリを使用する一番のメリットは、やはり健康増進効果です。
医薬品ほどの効果はなくても、病気になる前に予防できるというのは大きなメリットでしょう。

 

さらに、ペットに与えたい栄養成分があっても、カロリーが気になってしまう、食べる量が心配という方にもサプリおすすめです。
肥満になる心配がなく、ペットのために必要な栄養を与えることができるのは、サプリメントの大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

サプリやペット薬のデメリットは、アレルギーの心配です。
アレルギーを含む、色々な副作用が出てしまう可能性があるということを知っておく必要があるでしょう。

 

どんなに良いものでも、体質によっては過剰に反応してしまったり、合わないものがあるものです。
初めて与える時には、少量ずつペットの状態を観察しながら与えましょう。

 

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

サプリメント特集

健康サプリの詳細はこちらから

ペット薬&サプリ|利用者の声

ペット先進国では、ペット薬やサプリメントが主流となっているように、日本でも少しずつペット薬やサプリメントを使用している飼い主さんは増えているようです。

便秘効果

便通が毎日なく、苦しそうにしているペットのために、便秘を解消する効果のあるサプリメントを与えたという方がおられました。

 

乳酸菌を増やすためのオリゴ糖やエンザミンなどの酵素が含まれているサプリメントを与えたところ、においも改善され、便通が改善されたと感じておられるようです。

老化予防

愛するペットの老化は辛いもの。それを少しでも遅らせるために、強い抗酸化作用を持つコエンザイムなどのサプリを取り入れ始めたという方も少なくありません。

ペット薬とサプリ使用で病気を防ごう!

サプリメントを賢く使用することで、毎日の食事をでは与えづらい健康成分などを、効率よく与えることができます。
もちろん、サプリからはペット薬のような大きな効果は期待できませんので、飲んでいるから絶対安心というわけではありません。

 

しかし、健康の維持や病気の予防にある程度効果があるものなので、定期的に医師の診察を受けながら、サプリメントも賢く取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

サプリメント特集

健康サプリの詳細はこちらから

ペット薬とサプリの効果記事一覧

寒い時期や体重の増加によって、関節炎を引き起こし辛い痛みを感じているペットは少なくありません。関節炎というのは、肩や肘、膝などに痛みが伴う症状のことで、十分に運動できなくなるため、ワンちゃんにストレスの溜まってしまいます。人間と同じように、色んなことが原因で関節炎は生じます。長年使った軟骨がすり減ることによって傷んでしまう場合もあれば、リウマチなど、何か特定の病気が原因となって関節痛が起きる場合も...