ペット薬やサプリメントで関節炎を改善・予防する方法

MENU

愛犬の関節炎の悩みを解消でペット薬とサプリメントは

ペット薬,関節炎

寒い時期や体重の増加によって、関節炎を引き起こし辛い痛みを感じているペットは少なくありません。

 

関節炎というのは、肩や肘、膝などに痛みが伴う症状のことで、十分に運動できなくなるため、ワンちゃんにストレスの溜まってしまいます。
人間と同じように、色んなことが原因で関節炎は生じます。
長年使った軟骨がすり減ることによって傷んでしまう場合もあれば、リウマチなど、何か特定の病気が原因となって関節痛が起きる場合もあるんです。

 

では、関節炎にはどのような症状があるのでしょうか?
何が痛みの原因で、どのようにケアしてあげることができるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、調べてまとめてみました。
関節炎の予防をしたい、また、症状の軽減のためにペット薬を探しているという方は、是非参考にしてみてください。

ペットの薬に関してスグに確認したい方はこちらから

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから

関節炎の症状や原因とは?

ペット薬,関節炎

関節炎になってしまうと、関節を動かす時に痛みが生じるため、関節が動く範囲がどんどん狭くなってしまいます。
犬や猫など4足歩行をする動物が関節炎を起こしやすいポイントは、足や脊椎などです。

 

それらの関節を動かすのを嫌うようになると、全身が動きづらくなります。
散歩を嫌がったり、動かなくなったり、体を触られると嫌がるなどの症状は関節炎の症状と言えます。

 

また、体の痛みが常につきまとうため、ストレスが溜まりがちになり食欲の低下や元気のなさを感じることもあります。
つらい痛みが生じている場合がありますので、このような特徴的な症状を発見した場合には、関節炎を疑いペット薬などを使った治療やケアをしてあげる必要があります。

関節炎の原因

原発性

関節炎を引き起こす原因にも二種類あり原発性と言われるものが最も多く、犬の老化によって引き起こされるものです。
また、関節が不安定になることによって引き起こされる関節炎も、この原発性の関節に含まれます。

関節炎の続発性

続発性の関節炎は、過度な負担のかかるスポーツや他の病気、外傷事故や脱臼などが原因となって起こる関節炎です。

 

どちらの原因にしても、犬や猫は間接になることがとても多く、進行性の病気だとも言われています。
一度関節になってしまうと、完治することは難しく、痛みがずっと続くため、痛みを取り除いてあげることが関節炎の治療の基本となります。

 

関節炎の治療方法|ペット薬以外にも改善できる

ペット薬,関節炎

関節は、一度変形してしまうと修復できません。対症療法によって、できるだけペットが過ごしやすいように、痛みや環境を整えてあげることが必要です。

ペット薬

ペット薬を与えることで、抗炎症効果や抗熱効果、鎮痛効果を期待できます。
痛むときだけ与えるのではなく、常に薬が効いている状態を作ることで、関節炎の症状が軽減することでしょう。

注射や点滴

痛みがひどい場合やアレルギーなどでペット薬を使用できない場合には、注射や点滴によって薬を直接体内に流し込むという方法もあります。

マッサージ

マッサージによって、硬くなっている関節をほぐしてあげるのは効果的です。
痛みを軽減するだけではなく、こわばりや緊張をほぐすのでストレスを解消する効果もあるんです。

 

 

関節炎に効くペット薬とは?

なぜ必要?

では、なぜ関節炎に効くペット薬を使ってあげることは大切なのでしょうか?
実は、関節炎にかかると痛みのせいで、なかなか足などの痛む部分を動かさなくなってきます。

 

しかし、関節炎は、関節を動かすことによって、少しずつ症状が改善されるという特徴を持っています。
関節を動かさなければ、関節の機能を維持したり、向上させることはできません。

 

投薬を行うことで、痛みをきちんとコントロールし、自然と痛むところが動かせるようになります。
ペット薬によって痛みをコントロールしながら、自然と動かす訓練を行うことで関節炎の症状が回復されます。

関節炎に効くペット薬の種類とは?

抗炎症成分

抗炎症成分を含む抗炎症薬は、関節炎の痛みをコントロールするのにぴったりです。
抗炎症成分を含むペット薬の中にも、非ステロイド系とステロイド系の2種類があり、ステロイド系の方がより強い効果が期待できると言われています。

 

どちらの薬にも成分が同じで、価格が安くなっているジェネリック薬が存在しますので、ネット通販などで関節炎のペット薬を購入する際には是非チェックしてみてはいかがでしょうか?
錠剤タイプのものからシロップタイプのものまで、種類は様々です。

 

毎日与えるタイプ

痛みをコントロールするために毎日こまめに投薬することで、痛みをコントロールするタイプのペット薬があります。
毎日お薬を与えるということで、症状の様子などがこまめに分かり、薬の調整もしやすいのが特徴です。
毎日コミュニケーションが取れることと、薬を飲むことにペットが慣れてくれるというメリットがあるでしょう。

月に一度与えるタイプ

最近では、ペットへの負担を減らすために月に一度の投薬で、一か月痛みをコントロールできるという種類のペット薬も開発されています。
毎日お薬を与えるのは、飼い主にとってもペットにとっても負担だと感じる方は、効果が長く持ち、投薬回数が少ないこのタイプがおすすめです。

 

忙しくて与えるのを忘れてしまい、痛みが出始めていたということにならないためにも、忙しい方は検討してみてはいかがでしょうか?

ペット薬を使うメリットとデメリットとは?

ペット薬を使うメリット

ネット通販などでペット薬を購入すれば、動物病院などに毎回通うよりも、かなり費用を抑えることができます。
関節炎は治る病気ではなく、一生付き合っていかなければならない病気なので、ずっと薬を購入し続けると考えると、経済的な負担も大きなものです。

 

それで、できるだけ安く購入できる通販でのペット薬の購入が人気なんです。

痛みをコントロールできる

自分でペット薬を購入することによって、常に薬を手元に置いておくことができます。
忙しくて病院に行けないような状況でも、注文さえしておけば手元に、いつでも鎮痛効果のあるペット薬を置いておくことができます。
痛みがある時間を作らないためにも、ペット薬を購入するのはおすすめです。

ペット薬を使うデメリット

どんな薬でも言えることですが、薬には副作用があります。
また、関節炎から腫れなどがひどくなっている場合には、ペット薬だけでは解消できないこともあります。

 

さらに、腎臓や肝臓など、内臓に病気を抱えている場合には、薬の使用が体に負担となってしまう場合があるので要注意です。
詳しい症状や薬の種類などを、獣医師に相談しながら購入するのが良いでしょう。

関節炎を予防できるサプリはある?【ペット薬以外】

ペット薬,関節炎

最近では、ペットの体調管理や病気の予防にサプリメントを使用しているという飼い主さんも増えています。
食事を工夫しなければならないことはわかっていても、なかなか摂取できない栄養を簡単に摂ることのできるサプリメントは、体調管理にはもってこいです。

 

元気に動き回り、関節炎を発症してしまうペットには、どんなサプリが効果的なのでしょうか?

グルコサミン

グルコサミンは、軟骨を形成してくれるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料になるものです。
軟骨の成分をより強くしてくれるので、既に関節炎を発症してしまったペットにも、予防したいというペットにも効果的です。

 

元気に動き回り、体への負担もかかりやすい犬や猫は関節炎を発症してしまうことがあります。
痛みをコントロールしてあげ、動ける環境を作ることで症状の悪化を防ぐことができます。
ペット薬やサプリメントを賢く使用しながら、快適な状態を作ってあげましょう。

▼ペットの薬は専門店で安心お得のペットくすり▼

ペットくすり

ペットくすりの専門サイトはこちらから